yoga-day-4820228_1280.jpg

アレクサンダー・テクニーク

​&ボディ・マッピング

身体の使い方の癖や制限を見つけ

効率的で疲れにくい身体の使い方を探ります。

縮んだ身体を引き延ばし、膨らまし、

ボディマッピングで

解剖学や運動学を基本に
その体の使い方をメモリーしていきます。

アレクサンダー・テクニークとは?

 フレデリック・マサイアス・アレクサンダー氏によって、開発・体系づけられた「身体の使い方」の一つです。上の動画が、本人、アレクサンダー氏が実際に施術をしているところです。椅子から立ったり座ったり、歩いたり、日々の動作を練習課題にしながら、アレクサンダー氏が見出した「身体の使い方」を指導していきます。

 アレクサンダー氏は、俳優で詩の朗読家でした。朗読の練習をすると喉が痛くなり、医者にかかると休養するよう言われ、休養すれば痛みが治まり、復帰できますが、練習を再開すれば、また喉が痛くなりました。医者にとっては単なる「咽頭炎」でしかなく、らちがあきません。休養を勧められることを繰り返している中、「これではどうしようもない、自分で何とかしよう!」と思い立ち、「自分が何か体によくないことをしているに違いない」と閃きました。まずは練習している自分を観察するようになったのです。

 彼は、首と頭の観察から始めました。 「頭が首の後ろに落ちてしまうとダメだ、頭は首より前。あと頭が落ちるとダメだから上の方だね。」 と解決法を見出し始めます。この発見に“プライマリーコントロール”と名前付けとても重要視します。プライマリーは「初期の、原始的な、根本の、主要な」という意味です。ただ頭部と頸部だけを動かすことは難しく、また、頸部と頭部が脊柱と特別に関係性を持っていることに彼は気が付きました。

 背中をどうしたらいいのか研究を始めます。「頭が上に行くためには、伸びなければいけない」、「伸びるだけだとなぜか動きにくい、背中を広く保つようにもしよう」と条件を追加していきました。”Neck Free”,"Head goes forward and up","Back lengthen","And widen"。これが秘密の呪文でした。  

 このように、どう自分の身体をコントロールすればいいのか?どのような条件がそろえば無駄な力が抜けて楽な身体の状態をつくれるかを体系立て訓練することで、身体だけでなく心も整えられるメソッド。 それが“アレクサンダー・テクニーク”なのです。
 

バレエダンサー・音楽家・役者などの表現のために

 効率的で疲れにくい「身体の使い方」は、同時に「癖のない」「なんでもできる」「自由な体」なのです。その概念は、役者でもあったアレクサンダー氏の周囲にいた役者仲間や演奏家、ダンサーに広まりました。医師たちにもアレクサンダー・テクニークは評価されるようになり、より広がっていったのです。

 バレエとアレクサンダー・テクニークは、特に相性がいいと言われています。要求される所作が似ているためです。引き上げ、股関節のターンアウト、ポードブラが自然と美しくなります。それは演奏家にとっては抜ける音であり、役者にとっては、あるがままの自分の身体を認識できることであり、悠々と演奏や、芝居をし続けられる身体へ変化させていくのです。

ボディマッピングとは?

 ボディ・マッピングはチェリストで音楽大学教授であるビル・コナブル氏によって開発されたものです。ボディ・マッピングは解剖学の主に骨について学ぶことで、誤用(使い方を間違える)による故障を防ごうとするものです。このボディ・マッピングの専門教育を受けた指導者たちをAndover Educators(アンドーバー エデュケーターズ)と呼びます。私はこのコースに参加していませんが、理学療法士としてレントゲンやMRIを数多く見て、関節モビライゼーション(可動域練習)を専門に学んでいます。教科書以上の知識と経験を持って、骨や筋肉以外の組織まで鮮明にマッピングすることで、普段の生活では気が付けない身体の機能をご紹介していきます。

イワシ整体Lab.の​アレクサンダー・テクニーク

 イワシ整体Labでは、いくつかある流派の中でパトリック・マクドナルド氏のものをご紹介しています。特に「強い背中(Back)を作ること」を重視し、以下の5つの基礎原則としてを大切にしています。丁寧なテーブルワークと基本課題となるマンキーのポーズなどをバランスよく行い、教師に依存することなく、自らが自分自身に働きかけていく姿勢を大事にしています。


①Recognition of the force of habit ⇒癖を普通に感じてしまうことを意識して

②Inhibition and non doing ⇒抑制して、何もしないように

③Recognition of faulty sensory awareness ⇒自分の感覚が嘘をつくことを認識して

④Sending direction ⇒体のつながり、道筋を大事に

⑤The primary control ⇒頭部と頸部の関係性を大事に

Patrick Macdonald's WORKS

Patrick Macdonald 1966

Patrick Macdonald 1980

In the 80's: Alexander Technique lesson by Patrick Macdonald

Patrick Macdonald 1966

音楽家への応用

施術者はアレクサンダー氏の直弟子の中で、最も「手」が良いと評判のmarjorie barstowです。彼女は世界中で愛され弟子が数多くいます。数多くのyoutubeが残っています。彼女はアレクサンダーの中でも基礎練習よりも応用をサポートすることに長けています。身体の使い方で音も身体の負担も変わることをぜひご覧ください。

​ご感想

tomomi_edited.jpg

大田智美 様

アコーディオニスト

 私は10年以上前のドイツ留学時にアレキサンダーテクニークの施術を定期的に受けていました。当時は20代で特に体の不調を感じることもなかったのですが、施術後の気持ちよさや体の軽さが毎回気に入っていました。
 その後、腰痛等を経験し、より良い身体と楽器の関係性を考えていく中で、今回本当に久しぶりに施術を受け、まず体と脳が不調を知らなかった時の感覚を呼び覚まされたことに驚きました。ここ数年は痛いことに慣れてしまっていて、それとどう付き合っていくかに考えが傾いていたからです。施術で身体のパーツがあるべき所に整えられていき、自分が知らず知らずのうちに痛みを庇った動きを常態化していたことへの指摘や、それに対しての具体的なアプローチを経て、再び立った時の感覚は時間が逆戻りしたようでした。
 その状態を作った上で、実際に楽器を持った時の姿勢を見てもらって助言を受け、自分の身体と対話しながら姿勢を探していくうちに、きっと自分一人では辿り着かなかったであろう、新たな「気付き」を得ることができました。どこかに痛みや違和感を感じながら演奏を続けている音楽家は少なくないと思います。そうでなくても、より良い響きや身体のコントロールを求めている音楽家にとって、アレキサンダーテクニックが新たなきっかけやヒントをくれる窓口になるはずです。

 

http://www.tomomiota.net/

kondo_ayumi.jpg

近土 歩 様

青木尚哉グループワークプロジェクト 所属  バレエダンサー・ バレエ講師

 始めに仰向けに寝た状態で始まりました。首や頭、背中の位置について意識していくうちに、普段より遥かに緊張が解けていることに気づき、立った時には、体がどこか宙に浮いてるようにさえ感じました。バレエにおいて重要な引き上げも簡単にでき、印象としては既に引き上げという概念が不要なくらい自然に伸びている状態だったと思います。首を自由にした上で背中全体をしっかり開くと、股関節が綺麗に、そして素直に回せ、シャネなどの腕の使い方も、体で直感的に理解できたのが驚きでした。
 同時に感じたのは、それらの感覚に辿り着くまでには恐らく施術を受ける側にもある程度の集中力が必要で、身体の中に意識を向け続けられる「自分の体との対話」がしっかりできる方でないと続かないかもしれないということです。
 しかしながら、コンテンポラリーダンスの人もバレエ経験がある人も、自分の体をプレパレーションさせた後にくる初動の動機を考え直す、素晴らしいきっかけになるのは間違いありません。

https://aokinaoyaproject.amebaownd.com/

%E8%97%A4%E5%8E%9F%E7%B6%BE%E5%AD%90_edi

 藤原綾子様

アロマセラピスト、シンガー

 私は10年以上前、アロマトリートメントの師匠から「操体法」という同じような思想の身体の使い方を教わった時に、アレクサンダーテクニックは聞いていて、本を数冊読んでいました。いつか受けたい。と思いながら、意外とアレクサンダーテクニックの実践者がいらっしゃらないので、10年越しの思いで今日めでたく受けてきました!!ライブも近いし、楽に無理なく思い通りの声が出るように・・・という目的で。
 背中を広く使う。という感覚は、最初は戸惑いましたが、だんだん慣れてくるとわかるのですが、難しかったのが、首を緩めて頭をやや前&上方向に持ち上げる。というアレクサンダーテクニックの一番のキモの部分。頭って、5〜6kgあると言われています。
 そしてそれが常に首の上にあるので、首を緩める感覚ってそもそも日常生活であまり得ることはないんです。
しかも重力は下に向かっているのに、頭を上に。でも力ではなく自然に伸ばす形で・・・
時々うまく行きますが、すぐに力が入る。これは自分でも苦笑してしまいます。
でも、うまくいったときは、自分でも驚くほど素直に”思い通りの”声がまっすぐ出るんです。
(あ、ちなみにMisiaを歌いながらやります^^)
思い通りの声が出る、って意外と難しいんです。私は。なので、とっても驚きましたし嬉しかったです。ただ、これって身体で覚えるのではなく、感覚をつかむことの方が大事なんです。
つまり、身体の状態は毎日違うので、身体の使い方として覚えると、妙な力が入ったり、結局うまくいかなくなるからです。面白いな〜〜〜。と思いました。


※アメブロより引用

http://sorcier-aroma.com/index.html

葉2

A.K 様

ダンサー・ バレエ講師

 アレクサンダーテクニークを初めて教えていただき、体に有効かつ簡単にできるセルフケアが増えました。丁寧な問診によりクセをしっかり理解いただいた上で開始されたのでとても安心ですし、より自分の体のクセや注意点がわかりました。

 私の場合は背中に大きな彎曲(側彎症)があるため、ダンスをしていて、常に腰の痛みを抱えています。アレクサンダーテクニークでは体が(特に後ろ側)が引き伸ばされ、かなり長くなった感じがしました。日常から意識をする事でアレクサンダーテクニックを用いたセルフケアができることは私達ダンサーにとってかなりありがたいインフォメーションです。

 クラシックバレエのようにターンアウトを意識した動きを日常的に行わないので、脚よりも頭、背中の効果をより感じました。
 

60343269_682777135512705_156125047070864

シマヲ 様

会社経営

 「アレクサンダー・テクニークって何だろう?」
そう思いながらデスク仕事ばかりで体中が凝り固まっている私は、知識ゼロの状態で施術を受けました。普段から首・肩・腰への違和感を感じていて、座り方や立つ姿勢に対して「これが正しいんだろうか?」と、いつも気にしていました。

 そんな私にイワシさんがかけてくれた最も印象に残った言葉は「身体が一番楽である状態」。それを首・肩・背中・腰・股関節と、身体の部分部分で何が一番ベストなのか?を、施術の中で教えてくれました。これがアレクサンダー・テクニークの極意だったのです。施術をして立ってみて、また施術をして立ってみて、それを繰り返しながら一番ベストな姿勢を探っていき、最後に立った時には、非常に楽な状態、ベストな姿勢を得た感覚がありました。

 ただ、イワシさんもおっしゃっていましたが、対症療法ではなく原因療法なので、飽くまで施術は正しい姿勢をクセづけるお手伝いであって、普段から意識的にそれを維持することが必要です。でも、正しいか正しくないかを知ることはすごく大切なことで、寝る前や、ふとした瞬間にリセットすることができるようになりました。

 自分の身体が元の位置に戻る感覚があります。私のように真剣に身体について悩んでいて根本的に治したいと思っている方は一度試してみると良いと思います。

61007593_436758500483407_332096483463528

石井 律子 様

講師・コンサルタント

 仕事で一日中人前で話すと、喉を使いすぎて、呼吸も浅いのか、途中で脳が酸欠でくらくらするのに困ってましたが、テクニークを習ってからは自分自身で時々思い出して実施しいています。楽に話すことができて、喉も楽になって、いくらでも話せるようになりました。

熱帯の葉1

S.H 様

役者

 アレクサンダー・テクニークの練習をしてみて、変な努力なしに喉に負担なく、ニュートラルで「通る」声があることが発見だった!話し声も今は「違う」って感じる、面白い!!シェイクスピアを好きな人が作ったテクニークだなって、姿勢と発声だけだけど納得できる。