「体が硬くなりやすい」人へ

今日のクライエントさんから、

「私体が硬くなりやすいんです」と相談されます。

施術をしながら話を聞いていると、

スプリットがなかなかできない、

開脚が思うほどできない、

ディベロッペで足が高く上げれない、

などなど。



普段はどんなストレッチをしているか、

確認してみると、

結構引っ張って、痛くてもガンガン。

伸びないから、頑張らないとって。

ストレッチは痛くなるほどやっても

伸びないんって言われています。

ポイント①

筋肉がしなる状態に持って行って、

そこから伸ばしてあげて、

筋肉の長さをかせいでいくのが、

今のリハビリ業界の主流です。


もともと柔らかい人たちは、

そのままで結構です。

ただ、硬めの人は、ストレッチする前に、

しならせる準備が必要なんです。

それは企業秘密です。


ポイント②

硬くなる原因を探してほしいんです。

彼女の場合はプリエがキーでしたが、

その硬くなる筋肉には硬くなる理由があるから、

硬くなっています。



整体やマッサージ、ストレッチしてもらっても、

どうしてそこが硬くなるのかを理解できないと、

何度でも、そこは硬くなります。

「癖」と同じ考え方です。

そこの元を断つと、

結構すんなりいい子になりますので、

バレエしながら、演奏しながら、

硬くなる場所がどうして硬いのか、

考えてみてください。

演奏家の場合は、首回りや、手首回りですよね。

硬くする原因を探しましょう。

硬くしなくても弾ける方法を探せばいいんです;)




#イワシ整体Lab #バレエ整体 #ダンス整体 #音楽家整体 #体が硬くなる #ストレッチの仕方

#癖になっている原因を突き止めて #首肩回り #ハムストリングス #立ち方 #手首 #アレクサンダーテクニック





閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先