「患者満足度」と承認欲求(ある種の不安)と。

患者満足度という尺度でサービス業をくくることは

私はいい(どうでもいい?)と思っています。

リッツカートンを利用するようなレベルの人たちは、

基本的にマナー、教育が十分にされているから、

基本的にリッツカートンのいうところの患者満足度は

信頼足るものだと思っています。

同じように、

バレエでも音楽でもスポーツでも、

習い事レベルと、プロやある程度のレベルを目指す人たちの、

患者満足度は違うと思うのです。

親のニーズで習い事に放り込まれている子供がいることは、

分かっているのですが、

これはこれでいいと思っています。

さて、ここで一つ記事を紹介します。



自慢が多い子は承認欲求が強い。

自己主張がエスカレートする原因は「親の褒め方」だった

https://kodomo-manabi-labo.net/jimanbanashi-mentality?fbclid=IwAR3RmxUVoRCQ9ANm7-M3iz5IeHxsOQO62sO3vcxDvrYhil7HI3paBsM4Xb4


思い当たることがあると思います。

子供に限らず、高齢者のリハビリをしていても、

同じようなことが起こっています。

自慢をしたり、人の話を奪ったり、

スタッフの興味を引くことにしか興味のない人がいます。

こういう人のケアの仕方は

ある程度テクニックがある人はできます。



今回のお話は、こういう人たちの、

患者満足度とは、単純なおべっかだったり、

ひいきだったりすることです。

結局そこを満たしてもらえば、

快適であり、気持ちがいいので、

そこを尺度として評価がなされます。

自己(努力や教育含み)を正当化したい、

その為に私を使おうとする人たちがちょくちょくいます。

私に承認を求めるのです。

実際に彼らを高みに行くために、

助言をすることよりも、

ある程度の信頼関係を作ることが必要になります。

この過程で、必ず、承認を求められます。

自分が正しいよねと言う感じです。

こういう条件下において、その仮説は成立しますねと、

返答するのですが、

「この条件下において、」というところは省かれ、

「その仮説は成立しますね」というところのみを

フォーカスして理解します。

解剖学や、運動学を学ぶ意味が崩壊します。

こういう意味で、彼らが必要としているは、

私ではないと判断させてもらい、

お断りすることも何度か経験しました。



私における患者満足度は、

リッツカートンのお客様たちのように、

ある程度のマナーや教養をお持ちであり、

価値あるいい時間を過ごすために、

習い事でも、本格的に上を目指す意味でも、

自己承認ではなく、

自己実現をする方をサポートしたいと思っています。

それが、私の思う、患者満足度です。

サービス業として、誰にでもハッピーにしてあげるには

私一人の力ではどうにもならないことは

「社会福祉」の現場で学んでいますので、

そこら辺を含めてご理解いただけると幸いです。









閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先