楽器操作のための「背中」を使ったパフォーマンス

更新日:2020年7月24日

楽器演奏者でも声楽でもレベルが上がってくると

自然と言われるアドバイスで

全身を使いましょうというものがあります。

声楽の人が全身を使うのは比較的簡単にイメージできますが、

手指を酷使する楽器演奏者にとって、

何故、全身を使えと言うのでしょうか?



簡単に言えば、

「適材適所」プラス、

「最大筋力と最大音色可能性は最大参加筋肉数からおこるから」です。

なんのこっちゃ?

そうですよね。

実習生や臨床家をトレーニングしているときに、

ついつい、知っている知識を断片的に見てしまうのですが、

もっとざっくりと本質を掴めるといいと思います。



油絵具をイメージしてもらうと分かるのですが、

絵の具の色をもいっぱい持っていれば、

いろんな陰影やコントラストを楽しめます。

その音色を作り出すのは、

もちろん身体動作に起因するので、

身体的にそれだけの筋肉が参加するに越したことがありません。

ポイントは、水彩絵の具のように、

混ぜ合わせて色を作る、、、

そういうニュアンスも否定はしないのですが、

細かくいうと、

筋肉はお互いを運動機能を補完しあうことは可能なのですが、

厳密には同じサイズ、

「起始」「停止」の筋肉はないので、

同じ色をだせないんです。

混ぜ合わせて、一見すると、同じに見えるけど、

よくよくみると違うということがあります。



こういう風に身体機能があるので、

いろんな筋肉を使いこなせることは、

深みを出していくときに必要です。