「××なら知っておきたい体の事」シリーズ

アレクサンダーテクニックと出会ったのは

「ピアニストなら知っておきたい体の事」という本でした。

臨床経験1年目か2年目の私には大変便利でした。 スポーツ整形に勤めていたのに、

まさか、ピアノ科の高校生がやってくるという

予測しない事態に出会って、

どうやって勉強したものか悩んでいたので、

丁度良かったのです。

買いませんでした。

図書館で借りて満足でした(笑)



カナダでピアニストのクラスメイトに

散々トレーニング、強化してもらって、

音楽家の相手になれて、

帰国した後に、

同じ職場の理学療法士に、どう手指を勉強させようと悩んで、

あの本を紹介しました。

案の定、役に立ったようでした。

導入にはいい本なんですね;)

私はその時、ぱらぱらと読みましたが、

退屈でした、、、苦笑。

そして、数カ月後、同じ職場の理学療法士も、

「最初はスゴイと思ったけど、今は、、、、(省略)」でした。

臨床力が高くなればなるほど、

高度の解剖学や運動学の知識が必要であり、

それを組みたてていくからです。 あの本のシリーズは、全く何も知らない人には、

本当におススメです。 メルカリでもAmazonでもいいので、ぜひ買ってみてください。



この内容がボディマッピングです。 アレクサンダーの部分も入っていますが、 アレクサンダーお爺さんの細かい指示は

また別の本を参考にされることをお勧めします。