うまく行ったときの理由を探る

更新日:2020年6月7日

実習生の時に習うことの一つに、

うまくいってもかなくても、

どうしてそうなったのか、考察してと言われます。


うまく行かなかったときはかなりへこみ、

必死にどうしたらよかったのか、

どういうプロセスがミスを招いたのか、

考え抜いて、次回に備えます。

ただ、うまく行くと、能天気な私は、

そのままにしがちです。

「うまくいったんだからいいじゃん?」って。



これを覆させられたのは、

患者さんとの関係性のときです。

患者さん的には、一度「うまい味」を味わっているので、

いつでも、どんなときでも、

私たちから「うまい味」の

自分のためになる施術、リハビリを求めています。

単純にマッサージしてくれる、

○○してくれるというレベルでない、

何日で、状態Aから状態Bまで改善したという、

シビアな答えを求めてきます。

専門病院事情で、

同じ日にオペした人が複数存在したりするので、

ある意味、「競争、レース」があるのです。

しかも、退院日はおおよそ手術から〇週間後と決まっています。

患者も本気なのです。



というわけで、よくなればいいねではなく、

こちらから仕掛けていって、

良くなって、どうしたらそれの緻密さ、

つまり再現性が高くたもてるのかは、

こちらのミッションでもありました。

そぼくに厳しい世界です。

この世界に耐えられる人、情熱のある人は生き残れます。

どんどん学び、それが血となり肉となるでしょう。

ウッカリ忘れることがあっても、思い出せるでしょう。


そんなかんじなればいいですね。



この感覚は医療者には共通する感覚ですが、

果たして、教育の分野にこれが必要なのか、

私にはまだわかりません。

正しい、正しくないの定義が医療界のそれとはちがうので、

そこはもう少し模索しながらになりそうです。









閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先