うまく行ったときの理由を探る

更新日:2020年6月7日

実習生の時に習うことの一つに、

うまくいってもかなくても、

どうしてそうなったのか、考察してと言われます。


うまく行かなかったときはかなりへこみ、

必死にどうしたらよかったのか、

どういうプロセスがミスを招いたのか、

考え抜いて、次回に備えます。

ただ、うまく行くと、能天気な私は、

そのままにしがちです。

「うまくいったんだからいいじゃん?」って。



これを覆させられたのは、

患者さんとの関係性のときです。

患者さん的には、一度「うまい味」を味わっているので、

いつでも、どんなときでも、

私たちから「うまい味」の

自分のためになる施術、リハビリを求めています。

単純にマッサージしてくれる、

○○してくれるというレベルでない、

何日で、状態Aから状態Bまで改善したという、

シビアな答えを求めてきます。

専門病院事情で、

同じ日にオペした人が複数存在したりするので、

ある意味、「競争、レース」があるのです。

しかも、退院日はおおよそ手術から〇週間後と決まっています。

患者も本気なのです。



というわけで、よくなればいいねではなく、

こちらから仕掛けていって、

良くなって、どうしたらそれの緻密さ、

つまり再現性が高くたもてるのかは、

こちらのミッションでもありました。

そぼくに厳しい世界です。

この世界に耐えられる人、情熱のある人は生き残れます。

どんどん学び、それが血となり肉となるでしょう。

ウッカリ忘れることがあっても、思い出せるでしょう。