お詫び、お知らせ

2021年10月から、

教師やインストラクターの方の施術や

解剖学の受講の際にお断りすることがあります。


これまでのリハビリ、整体の仕事を通じて、

故障者を出さないことを何よりも大事に考えています。

「予防的視点」「問題解決」を重要視しています。

ネットなどで出回っている知識を基盤として

「付け焼刃」、「対処療法」的な思考や知識で

その方の生徒を傷つけてしまう可能性が高いと判断しましたら、

お断りさせていただくことにしました。



趣味や楽しみとして音楽やバレエを楽しむ方と

先生をされる方では、

必要とされる能力が異なります。

自身の身体にのみ集中すればいいのが生徒さんです。

一方、先生方は

自分の「愛好家」としての経験を基盤としつつも、

教師である以上、

生徒を多角的に客観的に分析でき、

教育していくプランを立てる能力を必要とされます。



今回、だいぶ頭をなやませました。

私自身は理学療法士の免許を取るにあたり、

養成校では好成績の生徒でしたが、

臨床実習ではあまりの頭の回転、

「理論」「知識」を現場に落とし込む能力の悪さに、

スーパーバイザーたちを悩ませた経験があります。

実際に、免許を取得後も、

たくさんの医師や先輩たちを困らせ、

(私的に、今から思えば、素敵な先輩方です)

古典的ですが、「しごかれて」、今があります。

それはとても短期的な計画ではなく、

「数年単位」で「多く」の先輩方が

「懲りることなく」指導を続けてきてくれたおかげです。


今回、私は自分の力不足を感じています。

理学療法士の実習生や新人を育ててこれた経験があり、

バレエや音楽家でも、

理解内容は深いながらも、