どれだけ当たり前のことに気が付けるか

基本的に親しい知人には辛口な私なんですが、

その知人から逆に衝撃的なことを教えてもらったので、

シェアしようと思います。


ある日、マスタークラスを見学しており、 (マスタークラスとは世界で活躍する演奏家などが、

後輩である若手を指導するクラスで公開されることがある)

マスターからのコメントが非常に的を射ているものの、

とても、基本中の基本な事ついて話されていました。

私が音楽関係者の知人に

「若い子は、当たり前のことに気が付けないのかな?」

と、素朴に思ったままを口にしました。

知人は困った顔して、

「それが分かるのに時間がかかるし、

昔は僕も分からなかったもん」と

正直に経験をシェアしてくれました。



アートの世界に関わらずに、

私もリハビリの世界でよくよく思い出すと、

同じことを味わってきているので、

「考えればわからない?」と

先輩に突っ込まれたことはたっぷりあるのです。

怒られる場合もあるし、

単純に先輩から教えてもらえることもあるし、

黙っている患者さんから習うこともあります。



でも、気が付けないことっていうのは、

意外と、「考えればわからない?」という、

先輩のフィードバックが的を射ていると思うのです。

私は「考えることを怠った」のだと思い知るのです。

もっと上を行くセラピストは、

ここを考えたから、何かに気が付いて、

より良い道を通ったし、

その習慣が彼らを高みへ押し上げてくれている。 うっかりすれば、素通りするような「当然な」ことを、

しっかり掘り起こし、咀嚼して、

その結果が、考えて基礎を理解して、実行し、身に着け、

本当の「当然・あたりまえ」になるのだと思ったのです。 バレエにしても音楽にしても、

伝統的に教えられてきている

多くの「当然」が存在すると思います。

それをひとつずつ読み解き、

本当の自分のものにしていくことが、

本物になる近道かなと、おもいました。


#イワシ整体Lab #音楽整体 #バレエ整体 #ダンス整体 #当然を理解すること #当然を実行すること #当然を身に着ける事 #高いレベルへの通り道





閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先