アレクサンダーのテーブルワーク

インスタに動画をあげましたが、

アレクサンダーの4つの基本フレーズを

仰向けで、治療テーブルに寝ている人に

やっていくワークを文章で紹介します。


仰臥位(仰向けのこと)のメリットは、

クライエントさん、生徒さん側が、

力を抜いてくれること。

理学療法士業界では、

「首の施術は慣れるまで患者さんに寝てもらえ」と

必ず指導されるように、

座った姿勢や立位では

首の周りの筋肉が緊張してしまいます。

緊張するってリハビリ用語なんですが、

簡単に言うと、

麻痺をしている状態「だらーーーーーーん」

とはしていないで、

力が少し入っている状態を言います。

適正に力が入っている状態だといいんですが、

力んでいると「緊張が高いね」「過緊張だね」とか、

こんな感じで表現します。



さて、なぜ、過緊張を嫌がるかというと、

ボディマッピング的に言えば、

適正にマッピングさせにくいんです。

力んでいる人に、

関節のつくりを理解させることは

難しいんです。

力んでいるから、

感覚が精密には脳に入っていかないのです。

ですから、適度に緩んだ、澄んだ状態で、

感覚入力をして、

正確な「頭と首が出会うところ」、

プライマリ‐コントロールの場所を理解させたいのです。

いきなり座位でも

腕のいい人と国際的に活躍できるダンサーの

組み合わせなら、それでも可能ですが、

そうでない人