声楽家さんから見たnon-doing

Twitterには、大変マニアな方がいて

面白いと思っていたのですが、

男性の声楽家さんで

アレクサンダーのこともよくご存じな先生と

知り合いまして、

とてもすてきなことをおっしゃっていたので、

ご本人の許可をいただき、

こちらでシェア&保存しておきたいと思います。

Twitter上で「脱力」について話していらして、

私がそこに面白いと思って、

呟きに混ぜていただいたのがきっかけです。




Luther-Hiroshi Ichimura先生の呟きです;)

アレクサンダーテクニークの始祖

フレデリック・マサイアス・アレクサンダーが

発声の不調に陥った原因は、

首の後ろの過度の緊張と言われている。

これは、当時の舞台俳優が現代よりも

声楽寄りの発声をしていた事に

起因していると思われる。



声楽の発声で長時間&長期間、台詞を喋り続けるのは、

大変な労力であり、消耗も激しい。

欧米では、声楽の発声は

決して楽ではないことが熟知されていたが、

アレクサンダーテクニークが

日本に紹介された当時、

日本では声楽=一番無理のない発声と

誤解されていたため、

脱力中心の理論展開になってしまった

のではないかと考えている。



恐らくアレクサンダーは、

声楽の発声に於ける声門閉鎖の、

会話レヴェルとの折衷点を探ったのではないか。

その推測を基にした私の理解では、

Non doing(やめる)を実践するためには、

力のバランスを取れるだけの筋量が必要な筈。



例えばポップスや演劇等、異分野の方々に

良く言われる事に

「筋トレやると硬くならないですか?」

と言うのが多くある。

この事から類推出来るが、

未だに声楽=負担のかからない楽な発声と言う

認識が根強いのだ。

この認識が改まれば、

アレクサンダーテクニークの理解も変わる様に思う。



以上です。

私が何かを書くよりも、

ずっと意味があるので、お願いして、

コピペさせてもらいました。

ちなみに、

先生は筋トレをきちんとできます。

無駄に筋肉つけるようなことはしない先生です。



ピアノでも、どの楽器でも、

故障の原因を力みに持っていくこと、

それ自体が身体の使い方だという認識で終わってしまわない、

人間の構造を理解してくれています。

だから、筋トレを推奨できているんです。

なにごとも深堀してこそ、面白いですし、

レベルアップできると思うのです。

歌わない私でなく、

歌える声楽家さんからの貴重なご意見でした!!









閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先