声楽家さんから見たnon-doing

Twitterには、大変マニアな方がいて

面白いと思っていたのですが、

男性の声楽家さんで

アレクサンダーのこともよくご存じな先生と

知り合いまして、

とてもすてきなことをおっしゃっていたので、

ご本人の許可をいただき、

こちらでシェア&保存しておきたいと思います。

Twitter上で「脱力」について話していらして、

私がそこに面白いと思って、

呟きに混ぜていただいたのがきっかけです。




Luther-Hiroshi Ichimura先生の呟きです;)

アレクサンダーテクニークの始祖

フレデリック・マサイアス・アレクサンダーが

発声の不調に陥った原因は、

首の後ろの過度の緊張と言われている。

これは、当時の舞台俳優が現代よりも

声楽寄りの発声をしていた事に

起因していると思われる。



声楽の発声で長時間&長期間、台詞を喋り続けるのは、

大変な労力であり、消耗も激しい。

欧米では、声楽の発声は

決して楽ではないことが熟知されていたが、

アレクサンダーテクニークが

日本に紹介された当時、

日本では声楽=一番無理のない発声と

誤解されていたため、

脱力中心の理論展開になってしまった

のではないかと考えている。



恐らくアレクサンダーは、

声楽の発声に於ける声門閉鎖の、

会話レヴェルとの折衷点を探ったのではないか。