「プロデューサー」という立ち位置

今月は原宿の鎌田昌郎先生の

MKD officeに何回かお邪魔して

大人のボイトレのクラスを見学していました。

こちら:)  http://www.mkdept.jp そこでとっても素敵な発見がありました。

大人でも子供でも音楽でもダンスでも

パフォーマンスとして、表面的には、形的には、

「できている」のですが、

中身が「できてない」という印象の人がいます。

どこで道が分かれてしまうのだろうと、

常々思っていました。



鎌田先生のところにお邪魔して、

アマチュアの大人のクラスを見学するのですが、

鎌田先生が音楽プロデューサーなので、

あくまでも本人の「いい」ところ、

本人「らしい」ところを、

引き出していってくれます。

それこそ、形にはとらわれません。

先生ではなくて、「プロデューサー」。

この立ち位置は衝撃的でした。

こうして育てられている大人の皆さんは、

とっても魅力的なんです。

「個体性」、「主体性」があって、

表現したいものを、

自分の持てる身体能力の持てるものすべてで、

表現してくれるのです。

聴いてるこちらが、

「もっと声出るでしょう?」とか

「この曲、解釈が、、、、」とか思いません。

素直に「うん、いいねー」って聴いていれちゃいます。



鎌田先生のクラスを見て気が付きました。

バレエやクラシックのボーカルは

形、テクニック、教授法も確立されており

導く側が形だけに捕われると、

生徒側もそれにだけ応じればいい、と

主体性も、本人らしさもなくなってしまうなと。

当たり前なんだけど、

うっかり見失っていて、改めて気が付きました。



もうしばらくお邪魔して、

「プロデューサー」の部分を

勉強させていただく予定です。

とても楽しみです;)



#イワシ整体Lab #アレクサンダーテクニック #ボーカル #鎌田昌郎先生 #原宿 #プロデューサーによるボイトレ #立ち位置の絶対的違い #生徒をプロデュースする #魅力的で個性が光るパフォーマンス

42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二回目の緊急事態宣言をうけて

2021年あけましておめでとうございます。 そんな挨拶をするうちに緊急事態宣言の話になり、驚いております。 さて、現状としては都内はとても大変な状態ということですので、 より慎重な意識、対策をしていこうと思います。 入店時の石鹸+流水での手洗いとマスク着用をお願いしておりましたが、 今後ともご協力お願いいたします。 こちらでは常時換気(暖房も)、石鹸+流水の手洗い、マスク、 加湿、物品消毒、リネン

080-1100-7379

営業時間

午前9:00 - 午後8:00 (月曜 - 日曜)

完全予約制 

午前の予約は前日にお願いします

最寄り駅

JR埼京線「板橋駅」より徒歩5分、

都営三田線「新板橋駅」より徒歩5分、

東武東上線「下板橋駅」より徒歩5分、

住所

東京都板橋区板橋1-28-9 

​パレスモントレー内 203号室

© 2019 Iwashi seitai Lab. All rights reserved.