「プロデューサー」という立ち位置

今月は原宿の鎌田昌郎先生の

MKD officeに何回かお邪魔して

大人のボイトレのクラスを見学していました。

こちら:)  http://www.mkdept.jp そこでとっても素敵な発見がありました。

大人でも子供でも音楽でもダンスでも

パフォーマンスとして、表面的には、形的には、

「できている」のですが、

中身が「できてない」という印象の人がいます。

どこで道が分かれてしまうのだろうと、

常々思っていました。



鎌田先生のところにお邪魔して、

アマチュアの大人のクラスを見学するのですが、

鎌田先生が音楽プロデューサーなので、

あくまでも本人の「いい」ところ、

本人「らしい」ところを、

引き出していってくれます。

それこそ、形にはとらわれません。

先生ではなくて、「プロデューサー」。

この立ち位置は衝撃的でした。

こうして育てられている大人の皆さんは、

とっても魅力的なんです。

「個体性」、「主体性」があって、

表現したいものを、

自分の持てる身体能力の持てるものすべてで、

表現してくれるのです。

聴いてるこちらが、

「もっと声出るでしょう?」とか

「この曲、解釈が、、、、」とか思いません。

素直に「うん、いいねー」って聴いていれちゃいます。



鎌田先生のクラスを見て気が付きました。

バレエやクラシックのボーカルは

形、テクニック、教授法も確立されており

導く側が形だけに捕われると、