「アキレス腱が短い」

更新日:2019年6月27日

医療者とバレエ業界のギャップで、

「アキレス腱が短い」は医療職から、

「バレエの人たちは何を言っているの?」って

半分困ったとブログで拝見したことがあります。

バレエの皆さんが医療者に困るように、

医療サイドのみんなも、

「骨格が、、、」とか、

「アキレス腱が、、」この表現をされると、

「何もわかってないな」と思っちゃうのです。

今回も、医療者側の見方を紹介します。



医療系が言う、「アキレス腱が短い」とは、

基本的には、

①足首が90にもならない状態を指しているか、

(脳卒中などの病気で、

つま先立ちの状態になってしまい、

アキレス腱延長術や

ボトックス治療が必要という意味です)

②「下腿三頭筋」のストレッチをかけても、

目標動作を遂行できない状態

を言います。



ちなみに、

和式トイレ座りができないのは、

腰が硬かったり、

足部ないの筋力の問題もあり、

股関節以下の協調性の問題を含むので、

「アキレス腱」の問題だと

医療者は思わないんです。

そういう教育を受けているのです。

ジャンプの着地でかかとを降ろしきれなくても、

医療者としては、

ジャンプする飛び上がる準備動作で、

足首が十分に曲がっている瞬間を見ていれば、

着地の瞬間だけ「アキレス腱」が「短い」という

判断をしないのです。



というわけで、

太ももや体幹の使い方については、

バレエサイドの意見を尊重しますが、

「アキレス腱」については、

バレエの皆様に歩み寄ってほしいのです。

その方が、

バレエの皆さんの選択肢を広げるからです。

問題を解決することが可能になるからです。

せっかく解剖学や運動学を学ぶので、

そういう、

医療者サイドのいいところは、

積極的に取り入れてほしいのです。



#イワシ整体Lab #バレエ #アキレス腱が短い #医療者の視点 #相互理解 #問題解決のために


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先