「アキレス腱が短い」

更新日:2019年6月27日

医療者とバレエ業界のギャップで、

「アキレス腱が短い」は医療職から、

「バレエの人たちは何を言っているの?」って

半分困ったとブログで拝見したことがあります。

バレエの皆さんが医療者に困るように、

医療サイドのみんなも、

「骨格が、、、」とか、

「アキレス腱が、、」この表現をされると、

「何もわかってないな」と思っちゃうのです。

今回も、医療者側の見方を紹介します。



医療系が言う、「アキレス腱が短い」とは、

基本的には、

①足首が90にもならない状態を指しているか、

(脳卒中などの病気で、

つま先立ちの状態になってしまい、

アキレス腱延長術や

ボトックス治療が必要という意味です)

②「下腿三頭筋」のストレッチをかけても、

目標動作を遂行できない状態

を言います。



ちなみに、

和式トイレ座りができないのは、

腰が硬かったり、

足部ないの筋力の問題もあり、

股関節以下の協調性の問題を含むので、

「アキレス腱」の問題だと

医療者は思わないんです。

そういう教育を受けているのです。

ジャンプの着地でかかとを降ろしきれなくても、

医療者としては、

ジャンプする飛び上がる準備動作で、

足首が十分に曲がっている瞬間を見ていれば、

着地の瞬間だけ「アキレス腱」が「短い」という

判断をしないのです。



というわけで、