オンラインの窓口を狭くします。

単純にご案内です。


一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、

オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。

既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。


ひとつ前の記事で

アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、

私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、

それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。


オンラインはいろんな先生にアクセスはできるのですが、

結局のところ、

アレクサンダーをオンライン越しでできることは、

かなり限定的だというのが正直なところで、

それぞれの先生の良さや強みを明確につかみだすには、

セッションしてみないことにはわからないと思っています。

コロナのワクチンオペレーションで比較的落ち着いてきており、

リアルに1対1でセッションを受ける、

空間を共有するということの恩恵が得られやすく、

また、移動制限も緩和されていますので、

私としては、

リアルのセッションの良さに重きを置いていただきたいです。

私のところに来い、というより、

エリアや国を跨いでもよくなり、

自分の目的にあう先生に会いに行ける環境になりつつあるので、

オンラインではなく、会いに行きましょうと言う提案です。


オンラインで情報商材として、

宣伝上手でうまく見えても、

直接会って、セッションしてみると、

あまり深みがないな、発展性や応用性がないな、

一貫性や整合性、客観性や再現性に欠けるなと

気が付ける機会でもあります。

逆に面白い先生ハンティングをするチャンスです。

ワーキングホリデー時代にここら辺の体験をして、

私はとてもいい勉強になったので、

ぜひ、外界へ飛び出してほしいと思っています。


というわけで、、、、

オンラインセッションは控えめにさせて頂きます。

具体的には個別性や環境、目標などを考慮して、

タイミングをみてご相談します。

打ち切りではなく、次のステージへ案内していきます。

積極的にハンティングに行き、視野を広げてください。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先

最近とてもすてきな親御さんにお会いするので、 書いてみます。 親御さんに限らず、 先生と来る方もいるのでそこは共通です。 セッションをするにあたって、 私の施術する対象はクライエント(生徒さん、お子さん)ですが、 先生や親御さんは、日々彼らに接して、 フィードバック、指導や生活管理をしてくれているので、 とても心強いチームメイト(?)のようなものです。 こちらでは、親御さんにお待ちいただくスペース