ヴァイオリニスㇳ&シンガーのホリサカユキ様からコメントを頂きました;)

 本番後の重い腰痛に

悩んでいたのは10年程前から。

緊張して体が強張っているからだろうと

気にしないようにしてやり過ごしてきましたが、

イワシ先生の目の前で少し音を出した際に、

まず最初に指摘されたのが

腰の位置を中心とした立ち方でした。

修正することでどう音が変わるか、

その場で一緒に確認しながら

体感する時間は、

正に自分の体との積極的な対話でした。



理論的な解説を交えての説明は

専門知識のない自分にもイメージしやすく、

納得しながら受けることができます。



 事象として現れる痛みや

疲れなどといった体の不調、

違和感の改善だけでなく、

更にその先にある

「その体でどんなパフォーマンスをするのか」

というところまでを

一緒に追求していく時間は貴重なものでした。

自分の体を知り、

整える術を持っているというのは

パフォーマーにとって非常に強みになると思います。

専門的な知識を持った先生と共に

体と向き合うことで、

より効果的に実践に繋げられると感じました。

https://kyutarockets0129.amebaownd.com 以上です;)


HPのAboutのページにあるように、

私自身はまったく楽器を演奏できません。 こうやって音を出しているんだよと

教えてもらいながら、

その動きをどうしたらスムーズに、

効果的に?省エネで、できないかなと、

考えるのが私の仕事です。

バイオリンやチェロは

抱える、持てる楽器なので、

持ち方でいかに身体の一部となるように、

持たせてあげるかが腕の見せ所です。

そのうえで、

弓やバイオリンの

操作方法をチェックしていきます。


#イワシ整体Lab #バイオリン #弦楽器 #ストリングス #アレクサンダーテクニック #音楽家専門整体 #疲れにくい姿勢 #疲れにくい構え #弓や楽器の持ち方 #板橋区板橋


閲覧数:58回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先