ヴァイオリニスㇳ&シンガーのホリサカユキ様からコメントを頂きました;)

 本番後の重い腰痛に

悩んでいたのは10年程前から。

緊張して体が強張っているからだろうと

気にしないようにしてやり過ごしてきましたが、

イワシ先生の目の前で少し音を出した際に、

まず最初に指摘されたのが

腰の位置を中心とした立ち方でした。

修正することでどう音が変わるか、

その場で一緒に確認しながら

体感する時間は、

正に自分の体との積極的な対話でした。



理論的な解説を交えての説明は

専門知識のない自分にもイメージしやすく、

納得しながら受けることができます。



 事象として現れる痛みや

疲れなどといった体の不調、

違和感の改善だけでなく、

更にその先にある

「その体でどんなパフォーマンスをするのか」

というところまでを

一緒に追求していく時間は貴重なものでした。

自分の体を知り、

整える術を持っているというのは

パフォーマーにとって非常に強みになると思います。

専門的な知識を持った先生と共に

体と向き合うことで、

より効果的に実践に繋げられると感じました。

https://kyutarockets0129.amebaownd.com 以上です;)