シニアなプロフェッショナルから学べること

70歳を超えても、

音楽家だと現役だったり、

マスタークラスでお手本を見せたりする、

超絶にうまい、

人間的にも素晴らしい人たちがいます。

バレエ界にも多くいます。

バレエミストレスと言われて

現役プロフェッショナルダンサーを

コーチングするというスゴイ人たちがいます。

ダンス・舞踊というくくりでいえば、

長く年齢を重ねても踊れますが、

「バレエ」と制約をつけると、

平均的には40半ばには引退されます。

それくらいバレエは身体的には

熾烈なものなんでしょう。



上手くて、長生きをする人たちの特徴は、

前回の広い長い背中です。

年齢的に衰えることはあっても、

体幹は四六時中使う場所なので、

若いころにきちんと体の使い方、

強い体幹と、それに結び付く四肢を使うと、

日常的にいい状態にキープしやすいんだろうなと

勝手に思っています。



現役ほど身体的には踊れないのに、

現役に指導できるのでしょうか?

まず、「表現」だから、

年齢や現役時代に先輩に習った経験が

ものを言う部分があります。

これは分かりやすいです。

マスタークラスをyoutubeでみると、

とても勉強になります。

芸術は奥が深いなと思います。



身体的に素晴らしい部分は

お手本を見せたりします。