ダンサーあるある「足裏のタコ」について


タコのある人に比較的よく会います。

タコのある人は、

基本的には、「痛くないからほっておく」、

「皮膚科にいけばいい」、

「削ればいい」、

という対処療法のアイディアを持っています。

それはそれであっています。


リハビリとしてのジャッジは、次のレベルです。

そもそも、

足裏にタコができる原因はどういうことか?です。

タコができないダンサーも多数存在する以上、

タコができているダンサーは

何らかの「特徴」を持ち合わせていると判断します。

皮膚が硬くなるだけの理由があるはずです。

しかも、それは足裏全体ではなく、

「スポット的に」です。

体重・荷重がそこに集中している可能性が高いのです。

絶対ではありませんが、、、苦笑。


ですので、パフォーマンスに支障をきたしていなければ、

基本的にはそのままに、本人の希望に合わせます。

しかし、子供の場合には別です。

基本的にタコが存在するということは、

足裏を使いこなせていない、

すべての機能を使用できていないと判断するのです。

発達し、練習量が増えていく子供たちには、

選択肢を広げておくことが私の経験上、必要です。

プロを目指し、日長い時間踊り続け、

いろんな選択肢が選べるように、

持ち合わせているすべての筋肉をより

効率的に多様性を表現できるように仕上げたいのです。


というわけで、タコがある、外反母趾傾向の子供さん、

子供さんをもつご両親や先生方へ、

タコをみつけたら、

それはまだ彼らの可能性がある、

今は使いこなせていないサインだと思い、

足裏や体の使い方を見直してあげてください。

きっと、先生方の学びにもなると思います。





閲覧数:198回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先