ダンサーさんのお医者様の見つけ方

先日ダンサーさんに、

足首を痛めたとき、

ダンス医学の医者とスポーツ整形医の

どっちがお勧めかと尋ねられました。

悩まずに、スポーツ整形で

足関節のスペシャリストを探したらいいと答えました。



私はラッキーだったので、

新人時代に素敵なオペレーター(手術する整形外科医)の下で育ちました。

膝ACL(前十字靭帯)再建術の当時国内トップ5で、

オペもできて(独自の方法論を確立した人)、

リハビリの内容も理解して、

患者にきちんと術後リハビリがどれほど大事か、

オペ前に説明できるスポーツ整形医でした。

ちなみに、患者は術前にリハビリを

きちんとできるかチェックされました。

術前でリハビリできない人は、

オペをしても、

「スポーツ復帰」のリハビリに取り組めないんだから、

オペする必要ないよねと

はっきり宣言してくれる医師でした。

したがって、患者さんは術後リハビリで

大変な道を行くことになりますが、

術前にあらかじめ予習もして、

頑張ると彼と約束をしてオペに臨んでいます。

そうして術後にリハビリを術後にがっつりやります。

「手術をすれば直ります」的な、

そんな無責任なことは言わない医師です。

手術も上手いし、

看護師に術後管理について指導してあるので、

看護師たちも彼のチームとして、

積極的に患者に関わってくれます。

何か気になることがあれば、

すぐに報告が医師に上がります。

リハビリにも指導ががっつりきていました。

「○○さんのリハビリ、遅くない??」

「もう少し膝をしっかり伸ばさせてよ」</