チェケッティメソッドのプロモーションイベントにお邪魔してきました。

更新日:2019年10月11日

先日、10月4日にチェケッティメソッドのDVDのプロモーション、

マスターの中のマスターのダイアンヴァンスクーア女史が来日。

イベントでは、女史がチェケッティ(開発者)の歴史・背景を説明。

彼女が監修したDVDの中のいくつかのチャプターを

彼女が自らピックアップして、説明してくれるというもの。


チェケッティ氏の歴史はウィキペディアでもしることができます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/エンリコ・チェケッティ

私にとって意味があったポイントは、

彼はプリンシパルダンサーであり、

キャラクターもできたこと。

教師としてバレエリュスに招聘され、

ニジンスキーやアンナパブロアを指導していて、

特にアンナパブロアにご指名された教師だったこと。


更に興味深かったのは、

彼は作曲もできて、楽器演奏もできた。

音楽についても素養があったそうです。

ピアノを弾きながら、

アンナパブロアを指導している写真が存在するそうです。


ちなみにチェケッティは 1850年から1928年まで生きました。

結構っていうか、尋常じゃなく古い人なんです。

バレエリュスを教えていた時点ですでに歴史の人です。

女史の話によれば、

ワガノワはチェケッティより歴史が浅いものの、

[当然]共通点がおおく、

女史があったことがあるワガノワメソッドの

トップレベル人たちとの交流は

とてもスムーズで楽しいそうです。

comfortable(快適で居心地がいい)と言ってました。

彼女はチェケッティはルーツであると。