テーブルワークでのSending directionの話

前回は仰臥位を選択するメリットと、

C0をマークしやすいこと、することが大事だと

私ははっきり思っていることを書きましたが、

それとはまったく別の話になります。

Sending directionっていう

アレクサンダーテクニックの基本要件(プリンシプル)の一つです。



sending は「送る」で、

directionは「道順」とか「方向」とかの意味です。

リハビリ的には

「感覚と注意をきちんと引き付けておく」って表現して、

演奏家たちには、

「きちんと丁寧に身体を使え」という感じ。

こういうのに詳しい先生たち向けなら、

ただ、手足を動かすかじゃなくて、どうなるか意識下に置かせておくとか、

きっと、こんな感じです。

対義語だと「死んでる」だと思います。

バレエで、「手が死んでる」とか、

ピアノで「ただ指だけ弾いてる」とか聞きます。



ふと思ったのですが、

用語や概念を医療系の言葉で書いておいた方が、

アレクサンダー以外のボディーワークの方とも

医療者である理学療法士たちとも

コミュニケーションしやすいので、

今回はあまり一般向けににも、

アレクサンダーテクニックワールドにもせず、

私の頭にある状態で言葉を出していきます。



テーブルワークでの基礎の4つのフレーズは

中枢側(体幹)の固定性・支持性を高めてくれます。

次は末梢側(四肢)の随意性・コントロールの

練習に入ります。

これがsending directionです。

基本的に

四肢・手足のことを末梢と表現することがあります。

<