バレエ・ターンアウトを広げる9つのヒント

こんなタイトルの記事が雑誌に上がっていたので、

紹介してみようと思います。 https://www.dancemagazine.com/ballet-turnout-2639129413.html?share_id=4726213&fbclid=IwAR0IUczKL6rnjWY0ITCjKG9Y0PQwKCi0iDlJv1r9R6OQ49uUwBOalpJfN5o


ちなみに、9つ目のうちの一つ目は解剖学を知ろうでした。

3か所の場所でターンアウトは稼ぐことができるよ。

何度ずつだよ。

こんなに丁寧に正直に教えてくれることに、

ああ、海外の雑誌は勉強になると思わせてくれます。 日本でこのレベルで話をすることは難しい苦笑。

なぜなら、これを言ってしまうと、

膝をどうやって安全にひねって、

足部もやってみて!という話になるからです。

ポイントは安全にやってみてと言われて、

安全にやれる人がいないからです。



私は膝も股関節も専門病院経験者です。

どうなると人工膝関節や股関節にしないといけないか、

実際に、オペを受ける前の人たちに大勢会うので知っています。

足部の勉強はKKinternationalのトレーナー時代にしました。

全て臨床でやってきたので、

ここまでなら安全だって、ラインが分かります。

解剖学的にも、運動学的視点がそれをサポートしてくれます。

ターンアウトはお膝や足も大事です。

それは見た目の角度の為ではありません。

その位置に持っていく意義があるのです。

そうすることでより強く、

コントロールのきく体になります。


股関節にこだわりすぎず、

全体をみてターンアウトをするといいと思います。


#イワシ整体Lab #バレエ #ターンアウト #海外の雑誌 #解剖学 #股関節以外からターンアウトを出す必要性 #膝と足部 #アライメント




閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先