ボディマッピングと解剖学

ボディマッピングは

チェリストでオハイオの音大教授のビルコナブルさんの

編み出した、認知運動療法のようなものです。

※認知運動学はマニアック?で、

一部は重度麻痺用なので一般人には意味不明ですが、

スポーツ整形のリハビリにも応用される

とても面白いリハビリ手法です。



さて、ボディマッピングは

音楽家もダンスパフォーマーの間にも市民権を持っている

なかなか便利な概念です。

身体がどうなっていて、どう動くのかを教えていきます。

このプロセスを経ることで

漠然と行っている動作のクオリティをあげます。

アレクサンダー界隈では

骨について学んでいるのが一般的です。

筋肉マップはダンサーが多いですね。

リハビリではどちらもマッピングに使います。

さらに感覚をマッピングするという、

なんでもかんでもマッピングしていきます。

音楽者は「脱力」に関係している方が

筋肉のことをマップしますが、

的を射ているなという感じには

なかなか出会ったことがありません。


徒手筋力テストは皆に一般的でないことが

ブログの様子からわかってきたので、

ここからしばらくは骨のマッピングを紹介します。



Twitterでは鎖骨と上腕骨をすでに呟きました。

気まぐれでつぶやいていくので、

良かったらフォローしてみてください。

こちらでは学問っぽく、医療用語を混ぜつつ、

時折紹介してきます。





閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

これは、常に気にしていますが、 世間で一般的に不可能と言われるものは、 不可能と発言している人たちにとっては 「不可能」なだけであり、 以外にも、広い世界を見渡せば、 「え?そんなこと簡単じゃん、できるよ」という人がいます。 バレエでも、音楽でも、うまい人たち程、 「できないよ」発言はしません。 ですので、私も、基本的には「できないよ」は言わないのです。 「私のお粗末な頭ではちょっとできそうに思え

最近とても興味深い子とセッションをしています。 その子はターンアウトを強化したいというバレエの子で、 ここまではよくある話です。 股関節や股関節の可動域をチェックさせてもらうと、 可動的には問題ないのですが、 使いこなせない様子です。 ターンアウトするのは股関節からというのは 当然なのですが、 ターンアウトするつもりでその子はきちんと練習しています。 ということで、 この戦法ではその子の努力を踏み