ラジオ体操をより楽しむ

バイト先の高齢者施設で

ラジオ体操をしてもらう時間があります。

誰でも知っている、夏の恒例行事です。

あれがとてもいい運動であることは知られているのですが、

最近、私はあるトライアルをしていて、

面白いので紹介してみます。


最近面白いのは第二体操をマジメにやらないことです。

脱力、惰性を楽しむ練習です。

第二体操はリズミカル?ダイナミックな感じです。

身体をゆする、ジャンプっぽい運動から入ります。

その動きをわざと緩めに行い、

そのままのノリ??を保ちます。

腕を振り回す動作やゴリラのような動作も、

ノリ??を保ってそのまま継続します。

バレエダンサーが死体の役をやる要領でやります。

そうすると、無駄に頑張る事なくても、

一般的に運動量が多いと言われている

第二体操でも楽々行えることが分かります。

これが、一般的に要領よく体を動かす秘訣です。


これは考え方を変えれば、

色んなことができるたとえでもあります。

色んなレッテルを張らずに、

より面白いラベリングができないか、

むしろ挑戦してみると面白いです。

頑張ってみてください。





閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先