ローザンヌバレエコンクール2020 FB日記より。

ローザンヌバレエコンクール


毎年スイスで行われる、

バレエの若手の登竜門って言われているコンクール兼ワークショップ。

スゴイ豪華な教師たちのワークショップを受けながら、

どれくらいの実力が現在あって、

未来にどれくらい伸びそうかっていう、

総合的に評価される、それはそれは面白い試み;)


ローザンヌに出れるだけでも十分にエリートなんだけど、

上には上がいて、15歳なる前に、

世界有名バレエ団の付属の養成校に入っている。

そういう子はあんまりローザンヌに出てくることはないので、

あくまで、地元で超ウマいか、

バレエ留学はしているけど、

付属カンパニーへの道があんまりない子のための

就職あっせん・紹介を兼ねたコンクールと理解している。

違ったらごめんなさーいい。


今年は日本人が13人?くらい出てていて、

男の子一人が決勝に進んだ。おめでとう!!


予選をちらちらライブで拝見していて思うのは、

アジアの子供たちはテクニックにつよいって言葉の意味が、

よくわかる。

ただ、「練習の鬼」で、テクニックに強いがゆえに、

柔軟性というか、その場での対応力、変化能力が低い。

アジア人らしさ、自分の国らしさがうまくアピールできない。

同じものを見せられている気分になってくる。

ローザンヌは将来性もみられるから、

この変化率や個性っていうあたりがダンサーには欠かせない。

そこがないと、切られて決勝に残れない。


トレーナーや整体するにあたり、

ちょっと肝に銘じておかないといけないなーって思います。

本人らしさを本人と考えて、分かち合って、

そのうえで身体を作っていくっていう、

かれらを子供でもしっかり「ダンサー」とみるって、

大事だとしみじみ思った。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先