教え、育む。

更新日:2020年2月15日

今年もスイスのローザンヌで

素敵な若手を発掘する

ワークショップ&コンクールが

あり終わりました。


昨年は知り合いが出て、

8位でとってもビックリ。

彼女は今イギリスの、

バーミンガムロイヤルバレエにいます。

そんな素敵て就職先へ繋がる、

とても大事なコンクールです。


面白いのは、

現在どれだけうまいかと、

今後どれだけうまくなりそうだという、

将来性を評価しているところです。

ダンサーはどんどん進化していく職業。

18歳やそこらで

ピークを迎えるわけではないので、

どれだけ情熱を持っているか、

柔軟に変化できるかも見られます。

まぁ、素直さというか。

いろんな振付家の要求に答えないと、

仕事にならないので、

いこじなのはダメなんですね。



さて、今回のコンクールで気が付いたのは、

「いこじさ」についてです。

日本勢は13人もエントリーしていました。

みんな真面目で頑張ってた。

ただ、どこか余裕がないというか、

現場を楽しみ切れていない感じでした。

先生たちと普段こういう関わり方をしているのかな?

あくまで、師弟関係、従順。

アーティストな部分がない残念な感じ。

そこが少し気になりました。

教え方というか、「育て方」が大事だなって

改めて気が付きます。