一周まわって、ストレッチの話

更新日:9月9日

リハビリ業界では

いまだに教科書に載っている「ストレッチ」。

今でも、電子カルテなどに普通に治療内容として、

「ストレッチ」ってよく見かけます。

ちょっと恥ずかしいですね、、、、リハビリ業界(苦笑)。

とっても、古くからある概念で、

関節可動域を拡大するために、

筋肉やそのほかの軟部組織(靭帯や腱、脂肪や皮膚を含む)に原因を求めて、

それの伸張性が上がれば、

関節可動域が上がるという、

至って原始的な?短絡的?な捉え方です。

これは、結構、長い間信じられていて、

ID(インディビデュアル、個別)ストレッチ、

筋肉一本ずつをストレッチしようという概念が

とてももてはやされた時代もあります。

Amazonだと、当時の本がまだ売っています。

https://www.amazon.co.jp/ID%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B0%E2%80%95%E5%80%8B%E5%88%A5%E7%9A%84%E7%AD%8B%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B0-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E9%87%8D%E8%A1%8C/dp/4895900940

ちなみに、1997年の本です。古いですね。


さらに歴史をさかのぼってみると、

シェリングトンという学者の相反神経支配の話になります。

彼はノーベル賞を取っていますので、説得力ありますね。


さて、バレエ界と音楽家たちの世界で

ストレッチのアイディアは別です。

バレエ界では、

静的ストレッチ不要論が定着しつつあり、

音楽家の世界ではストレッチが有効かどうかも

知られていないという状態です。


そんな中、そもそも、

ストレッチで何を得たいのかということを

まず定義したいと思います。

結論として得たい結果は、いいパフォーマンスです。

ストレッチはその「方法論」の一つです。

パフォーマンスは筋肉のいかんだけでなく、

中枢神経系の細かなコントロールとの

連結ぐわいの影響も受けるので、

そこらへんも考慮しなくてはいけません。