一流にできる人から盗む

私はリハビリのバックグラウンドのみで、

音楽、芸術、パフォーミングアートをやってきていないので、

勉強するルールを持っています。

それは、確信をもって、

他の人にも勧められるもので、

可能な限り「一流の人から学ぶこと」です。

リハビリの世界でも医療の世界でも同じです。

「アート」は自分の中にあるので、

そこは自分自身で育んでほしいのですが、

身体の使い方や音の作り方は他人から盗めます。



手の使い方や、背中の使い方、

呼吸と体幹とパフォーマンスの同期のさせ方など、

いろんな細かい要素は、

残念ながら、運動学を細かくやっている

医療スタッフは多くありません。

音楽の先生たちが解剖学を学んでも、

そこらへんはざっくりしているので、

目がかろうじてとらえることができる現象を

運動学的に言語を使って、

運動習得トレーニングに落とし込むことは

なかなか、、期待できないものです。

世界で活躍する一流たちは、

息をするようにパフォーマンスします。

その内容を言語化するのはきついのです。

私は直接身体を調整?調律?整体できるので、

「移植」という形で、

一流さんの「魚拓」を皆さんに移しなおしていきます。

皆さんの身体が自然な形で

「アート」を引き出してくれることにも遭遇します。

ご自身が欲しがっていた音に近づくこともできます。



上手い人の手の動きや姿勢に捕らわれず、

もっとたたづまいや呼吸に注目してみましょう。

そこをまねるのです。

そうすると、、もっと面白い変化に出会えると思います。

グルーブであったり、

ヒダと言われる部分が面白くなります。

手指で出さなくてもでてきますよ。





閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先