不可能と可能の境目

これは、常に気にしていますが、

世間で一般的に不可能と言われるものは、

不可能と発言している人たちにとっては

「不可能」なだけであり、

以外にも、広い世界を見渡せば、

「え?そんなこと簡単じゃん、できるよ」という人がいます。

バレエでも、音楽でも、うまい人たち程、

「できないよ」発言はしません。


ですので、私も、基本的には「できないよ」は言わないのです。

「私のお粗末な頭ではちょっとできそうに思えない」

「ちょっと、作戦を考える時間をください」と、

何とかならんものかと、工夫をします。

もちろんそれですべてが解決しませんが、

必死に考えたり、うまい演奏家やパフォーマーたちの作品を見返すと、

とても参考になって、こうやれば行けるじゃないかしら?という

そういう着地点が見つかります。


これは、うまい先生たちを見つける、見極める方法論でもあります。

上手い先生は、基本的にネガティブで役に立たないことは触れません。

一方、経験が浅い先生はこれはできないと「呪い」を掛けます。

こわいなーーーーと思いつつ、

まぁ、そこはそこで見ていますが、、、。

ということで、できないよって言わない先生探しをしましょう。

できないよって言ってくれるていうことは、

できるようになる道筋を教えてくれる可能性が高いのです。

積極的に頭の回転のいい、想像力のある先生にあってください。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近とても興味深い子とセッションをしています。 その子はターンアウトを強化したいというバレエの子で、 ここまではよくある話です。 股関節や股関節の可動域をチェックさせてもらうと、 可動的には問題ないのですが、 使いこなせない様子です。 ターンアウトするのは股関節からというのは 当然なのですが、 ターンアウトするつもりでその子はきちんと練習しています。 ということで、 この戦法ではその子の努力を踏み