人として大事なものbyミハエル・バルシニコフ

バレエでも音楽でも、なんでもアートをやっていく人、

教える側も、教わる側も、

子供にも、大人にも、大事なことをおしえてくれるYoutubeに出会いました。

先日、FBでシェアしたばかりですが、

FBは時間とともに情報が流れていってしまうので、

ブログにも残しておきます。

これでいつでも読み直せるから。

Mikhail Baryshnikov USC Kaufman Keynote Speech

https://www.youtube.com/watch?v=Zo2Ty7tSqpw

英語が聞き取れない人ように、pointの記事も載せておきます、英語です(苦笑)。 https://www.dancemagazine.com/baryshnikov-graduation-speech-2637119866.html?share_id=4606405&fbclid=IwAR1XnD3vMDVttueb9v7lNKy_yGcuM3r-w6rNgkyFJ2DTLaV0vAwCn0ZZs3U

彼は超一流の世界で通用したバレエダンサーさんです。

彼は若いダンススクールの卒業生たちに

失敗を恐れないで、自分にたいして「寛大」であって、

身体能力的に、技術的にできないことがあっても、

失敗に寛大であれば、次はもっとうまく失敗するでしょ?

アートをやっていくには、人間でなくてはならず、

アートを深めていくためにも何においても寛大さは欠かせないよ。

っていうことを話しています。

愛情が深い人ですよね。

世界に名をとどろかせるダンサーだった以上、

彼はストイックな部分も持っているんでしょう。

それなりに厳しいトレーニングに耐え、

卒業式にたどり着いた、頑張ってきた若者にたいして、

上のようにスピーチしたんです。 バレエでも音楽でも、「技術」が得意な日本人。

「技術」で勝てればいいと思っている子供たち。

教育の過程でもっと愛情もって、寛大に、長い目で見て、

大きく育ててあげる、サポートしてくれる、

そんな人が増えたら素敵だなと、

トレーニングサポートしていく側として思いました。



追伸:そんな心持の若者治療者を見つけました。

トレーニング始めます;)

治療技術も一流ながら、若いのに謙虚で思慮深いねって、

ダンサーたちから慕われるような治療者に育てたいと思います!