代償運動 trick movementを整理する

こちらを先に書けばよかったと反省ですが、

この代償運動を整理することが、

臨床力、考える力を磨きます。

解剖・運動学を学んで何をしたいのか、

よくわからない?

つまずいている?

発展性がない??

そんな人には、ここを整理することをお勧めします。



まず、代償運動とは何か、

ROMとMMTの中で確認しましょう。

そもそもの代償動作とは何かというと、

一種の「ズル」です。

簡単な例で肩関節、肩甲骨で例を出すと、

肩関節を度外転するときを見ましょう。

教科書的には、肩甲上腕リズムがあるので、

肩外転180度、

手が真っすぐ天井に向いている状態に至る時、

おおよそですが、

肩甲胸郭関節の上方回旋で60度、

上腕肩甲関節で120度外転します。

教科書上の話なので、ダンサーには適応されません。

分かっています。

今回はこのまま行きます。

180度の可動域を測ろうとしているときに、

よくよく見ると、

胸を反り上げている人がいたり、

体幹側屈していたり、

本当は外転可動域がないのに、

無意識にこっそりごまかそうとする人がいます。

これです。


筋力の場合には、

筋力をより強いと印象付けるために、

手のひらを天井に向けて(前腕回外させて)

上腕二頭筋を動作に参加させようとすることもあります。

本当は上腕肩甲関節の外転筋の三角筋の筋力を測るので、

二頭筋は分離させて、静かにさせておくものです。