コア(体幹筋)の強さの評価方法

更新日:2020年4月4日

体幹筋・コアマッスル、腹筋??

呼び方は専門家ごとに様々ですが、

体幹筋、今回は腹筋について、

キチンと使えているのか、

どうチェックして、どう考えているか紹介します。

きっかけは先日いらした、腰痛の方で、

腹筋とかの筋トレをしたこともあるけど、

もみほぐしてもらうと数日いいけど、

基本的に腰痛ですというお話でした。

また別の日にいらしたピアニストでも、

長時間ピアノの前に座っていると、

気が付くと腰・背中が痛くなっているんだと。

もみほぐしてもらうと楽だけど、

ピアノに向かっているうちに再発すると。

こういう場合は姿勢を調整するので、

腹筋の参加は欠かせません。



簡単に解剖学で使う名前の確認です。

腹筋というと、6パックっていう、

腹直筋(ふくちょくきん)をイメージする人がいます。

腹直筋も大事ですが、まず、

ベースラインとしては、

腹斜筋(ふくしゃきん)が欲しいです。

腹斜筋はサランラップみたいな筋肉で、

お腹のあたりを斜めにサランラップで

ぐるりと体幹に巻きついていて、

コルセットはこの子の代わりをします。

ちなみに、筋肉をは自力コルセットと呼ばれ、

脊柱病院ではとても大事にします。




どれくらい強いのかは、筋肉の「厚み」と、

どれくらい筋肉を硬くできるかで見極めます。

お腹の前の腹直筋を硬くする要領で、

お腹の横を硬くできるのか、