何故私が、理学療法士でありつつ、アレクサンダー教師を名乗るのか?

私はアレクサンダーテクニックにに出会ったのは、

理学療法士の新人時代、1年目か2年目です。

たまたまスポーツリハビリ病院に来た、

ピアノ科の子の為に、

何かしないとということから始まりました。

最初はエキサイティングに思いました。

理学療法の治療でもある程度は使えました。



決定打を打たれたのは、

カナダでアレクサンダー学校に行っていた時で、

はっきり言えば、解剖学的「デマ」「テキトー」が多すぎたのです。

アレクサンダー人は解剖学を学ぶと言いながら、

こんなに何も知らないのか、

それなのに人の身体をいじる、扱うのかと、

衝撃を受けました。

理学療法士なら、反省文ものです。



そこから、苦悩するようになりました。

学校にいる意味を感じなくなったのです。

医学的にはテキトーなことをテキトーな理論、

(アレクサンダーお爺さんではない彼の弟子)の

理論を学ばさされるので、

学校を退学しようと、1年目の終わりに本格的に悩みました。



学校をやめることは帰国を意味します。

当時私はすでにダンステックで元プリンシパルのクラスを見学しており、

バレエの勉強的には巡摩えた環境におり、

20畳はあろうかというリビングにスタンウェイを持つ

ピアニストのクラスメイトもおり、 学校を諦めても、彼らを諦める事ができませんでした。

そこで残ることにしました。


絶対にアレクサンダーテクニック教師だと名乗りますが、

同時に理学療法士である、

「スポーツリハビリをやってきている」