凡人が「できる」ようになるには、

英語がたいしてできるわけでもないまま、

ワーキングホリデーに行って、

以前として英語はしょぼいながらも、

どういうわけだか、

アレクサンダー教師資格を3年(ストレート)で取得して、

カナダ国立バレエ団の元プリンシパルたちのクラスを見学しまくって、

現地のスポーツクリニックにボランティアに行って、

現地の音大のマスター用のクラスを聴講させてもらって、

という大技を繰り出した私が見つけた秘訣が、

「助けて、あれやってとお願いする」、

「ありがとう」

「ごめん」

以上三つができれば、なんとかなるというものでした。

この三つが私の人生を大きく舵を切りさせてくれました。


それまでの私は、非常にまずい奴でした。

今も十分にまずい奴なのですが、

思い出すと恥ずかしいというか、寂しくなります。


以下に紹介しますのは、子供向けのものですが、

私がカナダに旅立ったのは28歳だったので、

28歳でも通用します。

生徒でも先生でも、

ぜひ一皮むけるお役に立てる記事だと思います。

是非ご参考になさってください。



「人に頼る力・甘える力・助けてもらう力」の高い子が、 “なんでも自分でできる子” よりも強いワケ

https://kodomo-manabi-labo.net/tayoru-chikara






閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

これは、常に気にしていますが、 世間で一般的に不可能と言われるものは、 不可能と発言している人たちにとっては 「不可能」なだけであり、 以外にも、広い世界を見渡せば、 「え?そんなこと簡単じゃん、できるよ」という人がいます。 バレエでも、音楽でも、うまい人たち程、 「できないよ」発言はしません。 ですので、私も、基本的には「できないよ」は言わないのです。 「私のお粗末な頭ではちょっとできそうに思え

最近とても興味深い子とセッションをしています。 その子はターンアウトを強化したいというバレエの子で、 ここまではよくある話です。 股関節や股関節の可動域をチェックさせてもらうと、 可動的には問題ないのですが、 使いこなせない様子です。 ターンアウトするのは股関節からというのは 当然なのですが、 ターンアウトするつもりでその子はきちんと練習しています。 ということで、 この戦法ではその子の努力を踏み