前腕軸のマッピング

前腕の回内外運動について、

軸がどこにあるのか、

悩む人がいるみたいなので、

整理してみたいと思います。



解剖学的には、軸の概念は前腕にはありません。

私の知る限りですが、、、。

もし軸と言うならば、

それは上腕を定義できない人たちが

代打的に、それを言っていると認識しています。



解剖学の話に戻ります。

前腕の回内外は、橈骨と尺骨の絡みあう動きです。

私の腕では橈骨が尺骨の周りを回りこみます。

人によって違うように見える動きもありますので、

個体差があることを理解しておいてください。



関節的には尺骨と橈骨頭の車軸運動で起こります。

遠位端である方はフォーカスされることはありませんが、

手首に近い川においてもひねりが入っています。

両方の骨は骨間膜という膜で連結されています。


車軸関節で、しかもクランク機構を持つ前腕は、

とても面白い動きをします。

個体差がとにかく多いので、

いろんな人と見比べてください。

前腕筋肉の長さも反映するので、

なぜ自分と他の人で可動域が違うのか模索してください。





閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先