半月板損傷や関節唇損傷ってありきたり、、

クイズ。

実習生でも間違えるから、

間違っていても構いません。


膝の半月板損傷をしたら、、、

歩けるでしょうか?

走れるでしょうか?

火災現場から、逃げ出せるくらい動けるでしょうか?


膝のACL(前十字靭帯)を切ったら、

歩けるでしょうか?

走れるでしょうか?

火災現場から逃げ出せるくらい動けるでしょうか?


足首の靭帯損傷したら???

足首の捻挫は結構身近だから、知ってる人も多いかな。

痛いけど、歩ける、、、。

あんまりひどいと痛すぎて体重もかけられない人もいる。

足がゆるゆるになる。

ある方向に動かすと激痛、

運が悪いと引っかかりとか

二次的な障害が生まれたりするから、

キチンと治療することが進められる。



さて、ACLとか切っていても歩けるし、走れる。

実際に普通にいる。

股関節関節唇障害と診断名を受けてはいないけど、

私はきっとそう。

ただ、歩けるし、息が切れるけど走れる。

危ないのはおかしなストレッチや、胡坐。

ここで変な捻りと荷重が入ると痛い+違和感。

この程度で関節唇障害なのだ。

あ、診断はしてませんっよ、、。

医師法違反ではありませんよ。


自分自身の話でいえば、半月板もアウトです。

かなり手加減しています。

これも胡坐をしたり、

バレエのターンアウトを決めそこなうと

痛いか違和感がしてきます。

本格的にまずい人はロッキングという状態になります。

ロックしちゃって、膝の屈伸できないんです。

大変ですよね。

同期に一人、ACL+半月板損傷がいて、

リアルに、どう困るのか、知っています。

見た目は普通に生活できて、

理学療法士の仕事もできていますが、

本気でバスケをやるのは禁止されています。

そんなもんなんです。



バレエの先生やダンサーに

口うるさく、簡単に解剖学を学んで、

それだけで自己満足してほしくないとうるさいのは、

こういう、臨床を理解して、

自分の生徒への教えのレベルを上げてほしいからです。

自己満足で終わらない、

勉強のための勉強にならないような、

勉強の仕方を身に着けてくださいね。






10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二回目の緊急事態宣言をうけて

2021年あけましておめでとうございます。 そんな挨拶をするうちに緊急事態宣言の話になり、驚いております。 さて、現状としては都内はとても大変な状態ということですので、 より慎重な意識、対策をしていこうと思います。 入店時の石鹸+流水での手洗いとマスク着用をお願いしておりましたが、 今後ともご協力お願いいたします。 こちらでは常時換気(暖房も)、石鹸+流水の手洗い、マスク、 加湿、物品消毒、リネン