top of page

地味に、膝の半月板損傷中です。

半月板損傷中です。

音楽の人には興味がない分野ですね、

ダンス関係者にはリアルな内容です。


渋くツライです。(苦笑) ダンサーさんたちに限らず、サッカーでもバスケでも、 「あるある」のスポーツ障害です。 いったいどうなると思いますか? 歩けない?走れない?体重がかけれない? 実は「私は」上のことは全部できます。 私ができないのは、「左膝で胡坐をかくこと、膝をつくこと」です。 できない動作や痛みの出るタイミングはいろいろです。 立っている、体重をかけるのがアウトな人もいます。 理学療法士として「心配ポイント」は、 「同じ条件下で必ず、同じ痛みか違和感が出る」です。 私も強引には胡坐かけますが、 数分で、「あ、まずい、、」って感じ始めます。 膝つき四つ這いになるんですが、 これは完全にアウトで、すぐに痛むので、できません。 こんな、中途半端な生活はできちゃうけど、 困っちゃうことがあるのが、スポーツ障害です。 生活できます、ある程度のスポーツもできます。 これがみんなの油断をさせるところで、 「まぁ、いいか」という気持ちを邪気させます。 はっきり言うと私も、まぁ、様子見しようって(笑) すでに2週間経過しました。

さて、こんな場合どうするといいか、 すぐに病院に行けばいいのか? ここが、コメントに悩みます、、、。 それは、膝や半月板専門医やリハスタッフだと、 すぐに保存療法といって、日常生活どうしてほしい、 地味なリハビリをしてほしいと提案できますが、 私だって新人時代は手も足も出ませんでした。 ですので、いろんな経験数のある、 医師とリハビリスタッフが大事です。 いいリハビリスタッフはいい医師の元に育つので、 探し目は半月板のオペに強い医師です。

私はまだ、オペする気がありません。 「放置」するのをやめて「リハビリ」をはじめます。 簡単に言えば、適正なストレッチや筋トレ、 膝の関節可動域、かみ合わせがあうように調節をします。 調子のいい日は「膝つき」ができます。 胡坐はまだまだ先が長そうです。


閲覧数:433回0件のコメント
bottom of page