天才レオナルド・ダビンチ

先日、早稲田ネオという社会人向けの

公開講座を受けに行ってきました。

「アートと脳科学」、こんな感じのタイトルでした。

内容は私の期待するほどのものはなく、

「脳科学者が同席しているのがもったいない!!」レベルでしたが、

唯一面白かったのが、ダビンチです。



ダビンチは医療系のスケッチも上手、

エンジニア系のスケッチもしかり、

建築もやれば、モナ・リザも描きました。

アートの垣根ってどこにあるんでしょう。

こんな話が興味深かったんです。

彼は音楽やダンスができたわけではないです。

(できるとは聞いたことがないです。)

ダンスや音楽とは違う部分の脳が

大変クリエイティブだったのですが、

音楽とダンスはかなり脳の近い部分が

担当している気がします。



両方できるって素敵な気がします。

実際に踊れて作曲できる人がいます。

有名振付家シディラルビのインスタに時々

たどたどしい手つきですが、

彼が作曲したピアノの演奏が上がります。

とても私は好きです。

その映像と音楽を聴くだけで、

彼の脳内がどう反応しているのか考えて

とてもワクワクしてしまします。



私はふと思ったのは、ダンサーも演奏家も、

もっと逆の才能を使ったらいい。

踊るときは、歌うように。

歌ったり演奏するときは、踊るように。

きっと何倍も素敵な

音楽、ダンスが生まれそうな気がします。

ぜひ実験していただきたいです。

#イワシ整体Lab #ダンス #音楽 #ミュージシャン #ダンサー #レオナルドダビンチ #脳科学 #脳の共調 #相互影響 #dancelikesinging #playingmusiclikedancing



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先