姿勢を直すことが難しい?

今回紹介するのは、

脊柱専門病院時代の話です。

姿勢を直すことは難しいのか?

我々の院内での答えはNO!です。

Yes!と答えれば、

患者さんは姿勢が治らないものだと、

諦める事に導きかねないからです。

だから、我々は可能な限り

多くの手段を用いて、

「ほら、姿勢って変わるじゃん」というのを、

彼らに示し続けますし、

めげそうになる彼らを支えますし、

彼らにそう思えるような環境を提供します。

結果、脊柱の手術後2週間で、

ほぼ9割がたの患者様は自宅退院されます。

その時、姿勢は入院時とは大きく違います。

何より、彼らは姿勢を自分で変えられることを

知っています。



アートの関係の方といると、

姿勢はメンタルからくるからという人に

ちょくちょく会います。

メンタルを示している場合もありますが、

そうでない場合もあります。

ただ、なぜか思うように治せない、

扱えないとメンタル扱いされます。



医療者として極論を言えば、

じゃあ、精神科にかかっている、

「鬱病の人は全員同じ姿勢なの?」

「もしくは、どのレベルで同じ括りにできるの?」と

質問してみたくなります。

「脊柱病院にオペに来てたみんなは、

 全員精神科にかかっているのか?」

どうしてそんなに簡単に原因を特定できるのか?

というのが、我々からのコメントです。

「安易にA=Bという方程式を作るな」ということです。



どうして安易に方程式を作らないのか、

そこには意味があります。

これは医師にしか許されない

「診断」行為に関係ありますが、

診断されると、そこから治療方法が決まるからです。

A=Bで、この人はAと言っているから、B病。

B病への治療方法は治療ガイドライン上C。

じゃあ、Cという治療をしよう。

こういう話の流れが成り立ちます。

そうして、Cという治療が始まります。

原因を決めるということは、

治療方法を定めるために行われるのです。



さて、話を戻します。

姿勢の話をメンタルに持っていけば、

逆にメンタルの治療だけをすれば、

姿勢は改善されるのか?ということです。

この文章上、それはNOであることは明白です。



トレーナーでもダンサーでも、

腕のいい人たちは、安易に原因を限定しません。

いろんな可能性を視野にいれつつ、

どれから、関与していくのが効率的か、

慎重にテストを重ねます。

そして、それ以前に、

「自分の技術・技量で手に負えるのか」

ということに対して、とても真摯です。

そして、努力を厭いません。

難しい場合には、扱える人へ紹介をします。



姿勢は直せます。

覚悟というか、決意はいると思います。

ただ、ターザンという一般スポーツ雑誌でも、

普通に姿勢は直そうという話なんです。

それこそ、姿勢がいいねと

特別扱いされるバレエにおいて、

直せないのは、ちょっと、、、、。

やれるようになりましょう;)

トレーナーや教師は全力でサポートしましょう。

お勉強すれば、選択肢は広がります。



#イワシ整体Lab #バレエ専門整体 #バレエ #板橋 #姿勢 #姿勢は変えれる #メンタルのせいにしない #安易な結び付け #トレーナー・教師の建設的な態度 #勉強をすること #生徒のせいにしない






17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二回目の緊急事態宣言をうけて

2021年あけましておめでとうございます。 そんな挨拶をするうちに緊急事態宣言の話になり、驚いております。 さて、現状としては都内はとても大変な状態ということですので、 より慎重な意識、対策をしていこうと思います。 入店時の石鹸+流水での手洗いとマスク着用をお願いしておりましたが、 今後ともご協力お願いいたします。 こちらでは常時換気(暖房も)、石鹸+流水の手洗い、マスク、 加湿、物品消毒、リネン