姿勢を直すことが難しい?

今回紹介するのは、

脊柱専門病院時代の話です。

姿勢を直すことは難しいのか?

我々の院内での答えはNO!です。

Yes!と答えれば、

患者さんは姿勢が治らないものだと、

諦める事に導きかねないからです。

だから、我々は可能な限り

多くの手段を用いて、

「ほら、姿勢って変わるじゃん」というのを、

彼らに示し続けますし、

めげそうになる彼らを支えますし、

彼らにそう思えるような環境を提供します。

結果、脊柱の手術後2週間で、

ほぼ9割がたの患者様は自宅退院されます。

その時、姿勢は入院時とは大きく違います。

何より、彼らは姿勢を自分で変えられることを

知っています。



アートの関係の方といると、

姿勢はメンタルからくるからという人に

ちょくちょく会います。

メンタルを示している場合もありますが、

そうでない場合もあります。

ただ、なぜか思うように治せない、

扱えないとメンタル扱いされます。



医療者として極論を言えば、

じゃあ、精神科にかかっている、

「鬱病の人は全員同じ姿勢なの?」

「もしくは、どのレベルで同じ括りにできるの?」と

質問してみたくなります。

「脊柱病院にオペに来てたみんなは、

 全員精神科にかかっているのか?」

どうしてそんなに簡単に原因を特定できるのか?

というのが、我々からのコメントです。

「安易にA=Bという方程式を作るな」ということです。