子供時代の運動負荷について

更新日:2019年6月24日


ここ数日(本日は2019年6月24日)、

FBで子供のレジスタントトレーニングについて、

新しいレポートが出てきたと。


私がスポーツ整形外科に勤めていた2000年頃は、

身長が伸びている子供たちに、

自重以上のトレーニングは「させない」と習った。

骨端線(骨が成長する部分)があるうちは、

背を伸ばすことを優先してあげよう、

そんな趣旨だった。

新体操の選手たちが極端に小さいことが

毎回説明の例にとられていた。



さて、先日読んだレポートによると、

レジスタントトレーニングは、

骨を強くする、筋力アップ、

身体能力アップを認めるものの、

背が伸びないという根拠がないと。



確かに、最近の子供は

容易に骨を折るらしいし、

体力テストも酷い有様、

平均身長は昔より明らかに高い。

(これは栄養の改善でもある)。



レポートは注意深く観察しつつ、

経験のあるトレーナーの管理下なら、

やってもいいだろうという話だった。

面白い風潮が出てきたと思う一方、

どれだけのトレーナーがその条件を満たせるのか、

不安も残る。


興味深く、最新レポートのアップデートを見ながら、

明らかに、筋力体力アップが必要な子供で、

リスク管理ができて、メリットが大きいという、

「適応」がある子がいれば、

導入してみようと思う。


#イワシ整体Lab #バレエ #成長期の子供 #レジスタントトレーニング #メリットとリスク管理 #最近のリサーチ #導入の方法


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先