学びたいのは解剖学だけ??体育学??

私が体育学については全く、

詳しくないので、漠然と書きます。

体育学部の人、すみません。

彼らはアスリートを「造る」るんですよね。

いいアスリートは企業に属したり、

名門校の部活に所属したり、

体育学部にいたりしますよね。



解剖学を学んで、運動学に詳しいのは、

リハビリスタッフ、

海外だと国家資格の持ち主たち、

マッサージセラピストや

アスレチックトレーナーがいます。

彼らはパフォーマンス上げる事に対して

莫大な責任を背負っているので、

アスレチックトレーナーは

故障予防もしてくれるし、

超早期リハビリには介入してきませんが、

日常生活に復帰したアスリートたちを

どんどんレベル上に連れて行ってくれます。

マッサージも国家資格で、

気持ちいですね、じゃなくて、

パフォーマンスあげますね、

疲労抜きますね、

っていう視点でどんどん関わってきます。

カナダ留学時代に、運よく、

スポーツクリニックに遊びに行っていて、

カイロプラクティックや

理学療法士、マッサージセラピスト、

スポーツドクターが揃っていて、

見学していたので、

なかなかやるなーって思うんです。




こんなかんじで、

解剖学自体を学んでいるひとで、

パフォーマー&アスリートにポジティブに関われる人って、

それしか学んでいないなんてことはないんです。

結局、解剖学をベースにして、

筋骨格系だとか、バイオメカニズムなど運動学も学んで、

人体をどう強化していくのか、

強化した結果として最短ルートでパフォーマンスを上げる

方法を吟味する能力を持っていて、

休ませるべきか、やらせるべきか、

そのバランス感覚にも長けていて、

休ませるための、

睡眠や栄養とか生活習慣にも精通しているんですよね。

(私は専門ではないのでここら辺は強くないです。

彼らに失礼に当たらないために、

私はここについてはあんまり発言しません)。



さて、話をもどします。

解剖学を学びたいって言う人の着地点は何なんだって話です。

解剖学まなんで?筋骨格系の知識をちょろっとつけたくらいで、

パフォーマンスあげれたりしないんですよ。

冷静に考えてみてください。

海外にはそれを国家資格として取る人たちがいるくらい、

私たちのゴール(目標)はでかかったりするんですよ。

そこを理解したうえで、

入り口である解剖学を学んでほしいんですね。

骨や筋肉の名前覚えて、

屈筋群に「脱力」させればいいとか、

「骨で」踊る、動く、、、とか、

そういうレベルじゃないと思うんです。



そこら辺を気が付いてくれる人たちを

増やしたいなって思います。

そういう人たちが指導者でも現役パフォーマーにも

増えたらうれしいです。

そんなことを思いながら、、

解剖学講座の全体像を考えています。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先