学びたいのは解剖学だけ??体育学??

私が体育学については全く、

詳しくないので、漠然と書きます。

体育学部の人、すみません。

彼らはアスリートを「造る」るんですよね。

いいアスリートは企業に属したり、

名門校の部活に所属したり、

体育学部にいたりしますよね。



解剖学を学んで、運動学に詳しいのは、

リハビリスタッフ、

海外だと国家資格の持ち主たち、

マッサージセラピストや

アスレチックトレーナーがいます。

彼らはパフォーマンス上げる事に対して

莫大な責任を背負っているので、

アスレチックトレーナーは

故障予防もしてくれるし、

超早期リハビリには介入してきませんが、

日常生活に復帰したアスリートたちを

どんどんレベル上に連れて行ってくれます。

マッサージも国家資格で、

気持ちいですね、じゃなくて、

パフォーマンスあげますね、

疲労抜きますね、

っていう視点でどんどん関わってきます。

カナダ留学時代に、運よく、

スポーツクリニックに遊びに行っていて、

カイロプラクティックや

理学療法士、マッサージセラピスト、

スポーツドクターが揃っていて、

見学していたので、

なかなかやるなーって思うんです。




こんなかんじで、

解剖学自体を学んでいるひとで、

パフォーマー&アスリートにポジティブに関われる人って、

それしか学んでいないなんてことはないんです。

結局、解剖学をベースにして、