学びたいのは解剖学だけ??体育学??

私が体育学については全く、

詳しくないので、漠然と書きます。

体育学部の人、すみません。

彼らはアスリートを「造る」るんですよね。

いいアスリートは企業に属したり、

名門校の部活に所属したり、

体育学部にいたりしますよね。



解剖学を学んで、運動学に詳しいのは、

リハビリスタッフ、

海外だと国家資格の持ち主たち、

マッサージセラピストや

アスレチックトレーナーがいます。

彼らはパフォーマンス上げる事に対して

莫大な責任を背負っているので、

アスレチックトレーナーは

故障予防もしてくれるし、

超早期リハビリには介入してきませんが、

日常生活に復帰したアスリートたちを

どんどんレベル上に連れて行ってくれます。

マッサージも国家資格で、

気持ちいですね、じゃなくて、

パフォーマンスあげますね、

疲労抜きますね、

っていう視点でどんどん関わってきます。

カナダ留学時代に、運よく、

スポーツクリニックに遊びに行っていて、

カイロプラクティックや

理学療法士、マッサージセラピスト、

スポーツドクターが揃っていて、

見学していたので、

なかなかやるなーって思うんです。




こんなかんじで、

解剖学自体を学んでいるひとで、

パフォーマー&アスリートにポジティブに関われる人って、

それしか学んでいないなんてことはないんです。

結局、解剖学をベースにして、

筋骨格系だとか、バイオメカニズムなど運動学も学んで、

人体をどう強化していくのか、

強化した結果として最短ルートでパフォーマンスを上げる

方法を吟味する能力を持っていて、

休ませるべきか、やらせるべきか、

そのバランス感覚にも長けていて、

休ませるための、

睡眠や栄養とか生活習慣にも精通しているんですよね。

(私は専門ではないのでここら辺は強くないです。

彼らに失礼に当たらないために、

私はここについてはあんまり発言しません)。



さて、話をもどします。

解剖学を学びたいって言う人の着地点は何なんだって話です。

解剖学まなんで?筋骨格系の知識をちょろっとつけたくらいで、

パフォーマンスあげれたりしないんですよ。

冷静に考えてみてください。

海外にはそれを国家資格として取る人たちがいるくらい、

私たちのゴール(目標)はでかかったりするんですよ。

そこを理解したうえで、

入り口である解剖学を学んでほしいんですね。

骨や筋肉の名前覚えて、

屈筋群に「脱力」させればいいとか、

「骨で」踊る、動く、、、とか、

そういうレベルじゃないと思うんです。



そこら辺を気が付いてくれる人たちを

増やしたいなって思います。

そういう人たちが指導者でも現役パフォーマーにも

増えたらうれしいです。

そんなことを思いながら、、

解剖学講座の全体像を考えています。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示