弦楽器のビブラートはどこを使うのか?

先日いらしたチェロの方から、

ビブラートのことを質問されました。

バイオリンの方にもよく聞かれるので、

書いてみようと思います。

ビブラートは声の分野でもそうですが、

どこから揺れを連れてくるのかの違いで、

私はどこからでもいいよって答えています。



ただ、音楽の先生の好みや考え方に合わせて、

身体の使い方を紹介しています。

応用力が高い人には、

先生の好みはこのビブラート、

私が分かる範囲で一番いいのは、

C0(頭蓋骨と頸椎1番)関節からで

どうでしょうとおススメしたりします。

顎関節からやってみるのも面白いです。



ただ、今日の彼は先生から肘のあたりからと

指導を受けていましたので、

肘をよりフリーで動きやすいようにし、

そこからビブラートをやってみてもらいました。

先生が指定する場所を

しっかり使えるようにすることは

音楽的な視点を加味した

音楽の先生の視点での助言ですので、

そこは大切にしています。



ビブラートをしたい場所は、

すでに述べたように、

しっかりリラックスさせること、

その「震源」から手指までの

連動をきっちり作ることができれば、

どこからでもいけます。

気が向いたら、いろんな関節から

ビブラートをさせてみてくださいね。