患者満足度とは?提供される側になってみて。

知ってはいたものの最近までやっていたリハビリバイト先のストレスが半端なく、

強烈に太ってしまったので、



興味半分でダイエット、瘦身とググって、

インスタに勝手に出てくる広告をちらちら見ています。

面白半分で、

あちこちのお店にカウンセリングやら

トライアルを受けに行っています。


私の立ち位置、目的としてはと、

ダイエットの知識そのものは医療従事者なので、

無くはないのですが、

その知識は卒後20年ほどアップデートしておらず、

エステなどにも興味がなく過ごしていたので、

まぁ、適度に最近のはやりや

情報収集の方法の勉強をしてみるということです。


すでに3か所めぐってきました。

1つ目は、

とてもきれいな身なりで丁寧な言葉使いと振る舞いながら、

マニュアルを暗唱しているような説明をする会社は、

当てになりませんでした。

ちょっと突っ込むと、マニュアル知識しかないので、

すでに聞いたマニュアルの内容を、

「先ほどもお話させていただきましたが、」という

枕詞とともに復唱します。

顧客満足度としては「残念」です。

ただ、最近は糖尿病分野で使っている薬を、

自由診療に卸して使っているということは分かりました。


そこで同じような立ち位置の他のクリニックに行ってみました。

そうすると、さらに追加で、

いろいろあるダイエット、痩せのなかでは、

色んな機序を起点に攻めてくる施術?治療手段の中で、

どれが効くよ、という経験をシェアしてくれました。

ちなみに、入り口には筋トレ愛好家が読む、

ターザンという雑誌のダイエット特集の号が

数冊置いてありました。

ターザン並みの知識のアップデートはできているようです。

ただ、ここで気になったのは、

サロンと医療のダイエットは機序も違うから、

高価だけど、その分効果は全然違うよと言うことです。

なるほどと思って、

医師も看護師にもどういう機序か、軽く質問すると、

あれ???という答えが返ってきます。

まぁ、糖尿専門のスタッフでなく、

肩書だけ貸してる医師や、

注射打つだけの看護師なので、

それはしかたないのか、、、という感じです。

「家に帰って英語でエビデンス確認してみるので、、、」

ということでお断りしています。

患者満足度でいうと、

前者よりは情報提供がありましたし、ポジティブです。

知識のあいまいさは否めませんので、

専門性は高くなくとも、

それでもこちらの疑問に答えようというスタンスが

しっかり見て取れました。


さて、3つ目、

医療とエステは全く別物と自由診療の上記2件がいうので、

エステにも行ってみました。

そうすると、20年前の知識がそこにはありました。

私が頻繁に嫌う(私が興味が薄く苦手なため)、

マッサージとはかくいうものかという感じで、

ある意味勉強になりました。

科学的根拠はまったくもってなく、昔のまま、

セルライトという脂肪細胞を捨てようというものです。

ではどうやってというと、

超絶に簡易化された?昔話のままの?

説明をされました。

素人ながら、マッサージでやせるのは、

循環改善が必要なときだね、

それ以上の効果は期待できないよね、、、、と、

思ったところでした。

ただ、興味深かったのが、

店長さんがやけに自信満々に、

水をもっと飲め、トイレに頻繁に行けということでした。

循環不良の私に、何故飲水を勧めるのだ?と

疑問に思いましたが、

あまりの言い切り、自身の強さに、

不思議な説得力?圧迫力?がありました。

セールスの文句はすべて「簡単」で、「断定型」という、

効果が、あまりにも無知?未知?の領域には

効くということが分かりました。


さて、顧客満足度といういみでいけば、

2番手さんが一番いい印象ですが、

3番手さんも、不思議な経験の持つ自信の根拠に興味惹かれます。

1番手さんは、あまりにマニュアル化しすぎて、

知識や組織の甘さがにじみ出てしまっており、

その点に不安を覚えました。


患者満足していればそそれでいい、

契約させればこっちのものという視点で行けば、

どこもよかったと思います。

居心地はいいし、

基本的には丁寧です。

カジュアルダウンしてお話すると、

それについてきてくれます。

ただ、お話の為にそこに行っているのではないのです。

お話したい、いい施術受けたいよりも、

「効果が欲しいんねん!」

「より短期間で」「効率的に」

「私にあった」メニューを提案してほしいのです。

満足の仕方が人それぞれであるので、

何を良しとするかはそれぞれですが、

私としては、患者満足度って、あいまいなものだなと、

しみじみ思います。



別件、ホテルのリッツカートンが素晴らしいのは、

世界的にも認められており、

あのレベル、世界の話ではないので、

そことは線を引かせてもらいます。











閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先