情報収集の方法論

先生方への解剖学受講をお断りすることがあります。

その記事の続きに書く予定でした内容がこちらです。

学生さんや愛好家でも、臨床家さんでも

「自己研鑽」の参考になればと思い、

普段意識していることを書いてみます。



基本的に現代において、

「本・雑誌」は、著者が書かなくても、

編集者さんが売れるように書いてくれます。

編集者さんはえげつない言い方をすれば、

売れればいいので、

母数の多い「一般人向け」に、

本や雑誌を構成していきます。

あくまでも目的は書面が売れていくことなので、

内容は専門家向けではなく、

一般人向けです。

物事をシンプルに分かりやすくまとめます。

医師やリサーチャーが文章を書くことがありますが、

整形外科医が書くものを読んだ限り、

なかなか苦笑するものが多いです。

複雑な人間の身体性を、

無理やり単純化させて文章を構成しているなと感じます。

あちこち切り落とし、

ダンス業界や音楽業界のノウハウに合わせるように

表現を合わせる筆者の努力を感じます。


整形外科は関節・部位ごとにスペシャリストが存在します。

その文章を書いている先生が

どの関節の、どんな疾患のスペシャリストなのか、

確認した方がいいです。

スペシャリストでない場合には、

医療界における、「一般論」でしかないので、

臨床家としての期待はしないようにしています。

また、整形外科医の中でも

「オペ愛好家」という、

オペ・処置(注射)にしか興味がない医師もいます。

「リハビリはマッサージしてればいい」、

「リハビリは看護師がやってくれる」、

「これ見てストレッチと筋トレしておいて(紙を渡す)」

とコメントすることが特徴です。

ちなみに、きちんとした整形外科医は、