感覚を育てるというプロセス

ピアノとボーカルの先生にお話を伺う機会を頂き、

インタビューのようにいろいろ伺うなかで、

感覚という言葉が出てきて、

理学療法士的に面白いテーマでもあるので、

今日は私が思う、

感覚系を「育てる」ことについて書いてみます。


まず、感覚の種類から整理します。

聴く、臭いをかぐ、味覚、視覚とか、

五感は今回は触りません。

平衡感覚も今回はパスします。

触られて、触ってわかる感覚、「触覚」

冷たいなどが分かる、「温度覚」

痛いと分かる、「痛覚」

ここら辺は表在感覚と言われます。



私が主に関わるのは、

「位置覚・深部感覚」という部分で、

自分の身体の位置がどこにあるかわかる感覚を言います。

暗闇の中でも手がどこにあるかわかる感じを言います。

真っ暗な家で電気のスイッチを探すとき、

自分の手がどこにあるかわからないなんてことはないと思います。

暗闇では足がどうなっているかわからず、

転んでしまうということも

感覚麻痺のない「一般人」ならないでしょう。

この深部感覚は、筋肉や腱、靭帯に感覚の受容器があり、

彼らが引き延ばされたときに、

「伸びてまーーーす」と脳みそに電気信号を送ります。

ここまでが教科書的復習です。



脳みその複雑でブラックボックス的な神経回路を巡り、

最終的に頭頂葉というあたりで

感じるということになっています。

ここら辺はブラックボックスなので、深堀しません。

各部位から送られてきた電気刺激を、

ブラックボックスがあれこれ統合と解釈をして、