top of page

手の改良中。(11月12日FBより)

手の改良中。

Twitterでピアニストさんたちを追跡している。 その中でどうしても強い手が欲しいなと思うようになり、 現在自分の手を強化・開発中。 ピアノは弾けないけど、ピアニスト仕様の手を模索中。 (この手はあくまでピアニスト仕様の為、 他の楽器の人にはそれほど有益ではないです)

解剖学や運動学にはかなり忠実につくるので、 教科書を見直し、ご遺体のビデオを見まくり、 肘以下をとりあえず、再学習中。 今までどれだけ自分がテキトーにしか覚えてなかったか、 強烈に反省しつつ、 山勘や経験値に頼らない、 既成概念の上を行く、 アカデミックに見ても耐えられる、 そんな理論的背景を持つことが、 一歩抜きんでるには必須。 というわけでそこを意識して努力中。 「いい腕レシピ・エッセンス(必要不可欠なもの)」を 抽出中。 まだもう少しかかるけど。

ちなみに、ピアニストたちは、 強い手をいきなりもらっても脳みそが認識してくれないと 無駄に終わることも経験しているため、 機能移植後に、脳の整理もしないといけないので、 そこも問題としていかにナチュラルに、 相手に気が付かれずに忍び込むのかがポイントになる。 ここが毎回、ダンサーや音楽家とワークする上での 難しくもあり、腕の見せ所であるところ。 とくに、フィジカルに恵まれていたり、 俗にいう運動神経がいい、センスのある子と、 逆に、全く演奏としてではないレベルで演奏する人には 常に要注意な所。 (運動神経普通の場合にはそれほど難所ではない)。

ピアニストでなくても、 ピアノを弾く人で実験台になって、 実験後にコメントくれる方がいたら、ご紹介ください;)


閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page