手首のマッピング

手のアーチの話、親指の付け根の話をしました。



そこを作ると、指って結構動くんですよ。

固めなくても、結構起用に動いてくれるんです。

冷静に考えてください。

パソコンで文字入力していくとき、

すごい数をバンバン打っていけるでしょ?

楽器がパソコンだというわけじゃないけど、

あれくらい行けます。

パソコンはそれを可能にするように、

キーボードを人間工学に合わせて作られています。

そういうわけで、パソコンを参考にして、

今日は手首のマッピングをしていきたいと思います。

パソコンで腱鞘炎になる人もいるので、

それが万能だというわけではないのです。

ただ、かなり高速でいろんなことができるので、

参考にしてみましょうと言うことです。



手首の機能的ポジションは軽度背屈位、尺屈位。

パソコンに手を置くと自然とそこに来ると思います。

軽く脇を空けて、

肘の近くをテーブルに置いておくと、

指もツルことなく、長時間作業できると思います。

ピアノはこのまま転用できそうですよね。

弦楽器はこれではだめですね。

右手の弦を持ちなおさないといけません。

パソコンをしていると、

親指だけは作業が決まっていて、

スペースキー担当ですよね。

スペースキーを押してみましょう。

連打してください。

その感覚が親指の本来の??機能的な動作です。

そこに小指を寄せてくれば、

弓をつまめます。

力が必要になりますよね。

でもでも、弦楽器はもともと音を出してる時は

弓???ひげ????つる??のぶぶんが、

楽器に乗っかっている(支えてもらっている)ので、

それほどフルパワーで「演奏」はいらないはずです。