楽器の調律と人体の調律

更新日:2020年12月7日

ピアノ調律士さんの映画はピアノマニアという、

世界で活躍するピアニストを相手にする調律師さんの

ドキュメンタリー映画を見たことがある。

DVDも持ってます(笑)。


たまたまHULUで山崎君が主役の新人調律師の

成長物語の映画を見ています。

どんな音にしたらいいですかね?

相手の希望をどうやってくみ取ったらいいですかね?

音楽的知識は必要ですかね?

私にも共通するテーマがいくつも出てきます。

もちろんできるべきですし、

できたら、それこそドキュメンタリー映画になるクラスでしょう。

まだまだ、私は未熟者ですので、勉強しますね。


人体の整体・調律をしていると、

どうしたいっていうイメージがいない人がいます。 人体も基本的には、

力みたくないとか、腱鞘炎になりたくないとか、

そういうレベルのリクエストが多いんですが、

こういう音が欲しいとリクエストしてくれる人もいます。

そういう人は故障していないからリクエストするのではなく、

故障していてもリクエストします。

そうした方が自分の癖に向かい合いやすいんです。

こう言う身体の使い方と音がしています、

ここの音を変えるなら、身体を変えてしまってもいいと思うんです。

こういう気付きを増やすことで、

ご自身の身体の使い方や楽器の鳴りが決まるんです。

是非こういう音が欲しいと常に思って見てほしいです。

どう工夫したら音が出てくるのか、(無茶はせずにですが)

そこを知るきっかけになって行けば素敵だと思います。