母指のCM関節の可能性

手の親指って万能君です。

とてもいろんな機能を持っているので、

うっかり頼りまくると、過労死?変形します。

リウマチ病院にいたので、

「Z型変形」とググるとスゴイ画像が出てきますが、

こんなに変形できるの???ってビックリするほどに、

変形します。

リウマチは病気の特性で関節が弱いので、

無理をさせると結構あっという間に

変形が進んでしまします。



ヴィオラとかだと左手親指で楽器を支えるのに使ったり、

右手親指は弓をピンチしないといけないですね。

ピアノでも、親指は特殊変形しますよね。

特に、指の開帳(指の広げ)が苦手意識のある人、

手関節を底屈傾向で演奏される人は、

指くぐりでちょっとハンデを負います。

音的にも、指の構造的にもハンデですので、

お手間でなければ直しておく?再考しておくといいでしょう。


今話しているのは第2関節ではなくて、

その先にある一般には見えていない??第3関節です。

第二関節のを手首の方へたどっていったところにあります。

関節形状は鞍(アン)関節といって、

馬の鞍(くら)のような形で、ぶん回し運動を可能にしてくれます。

でも、ここではぶん回しに着目せずに、

先日の続き、サルの手について思考を巡らせていきましょう。


サルとしてバイオリンを左手で抱え、

右手て弓を持ち、

もしくはピアノを弾く、、、。

サルの手の構造には詳しくありませんが、

きっと猿にはできないでしょう。

握る、ピンチする、対立する(指どうしを向かい合わせる)。

全て「対立」が基本としてあります。

指先どうしで、

イチゴやブドウをつまむように、弓を持ち、

レモンを持つようにバイオリンを支え、

ピアのでは、、、、この表現が適切なのかまだ悩みますが、

ゴールデンレトリバーをなでるかんじ?がイメージです。

もっといい言葉があるといいのですが、

ちょっとおもいつかないので、今日はこのままで。

そういう動きを作り出して、

手のアーチの親指側を作っていきます。

手のアーチを作る、当たり前に見えて、

親指が一番難しいので、ここをうまくマスターしてほしいです。

将来的の音の選択肢がけっこうきまってしまいます。










閲覧数:91回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先