演奏家の言う脱力とは

「ピアノは腕の重さを生かして弾くんだよ」。

私がど素人の時は、何も知らないので、

「へぇそうなんだー、よく意味わからないなぁ」と、

聞き流していましたが、

この言葉をいろんな人から聞くようになり、

どれほどピアノ演奏者がこの言葉に縛られているか、

気が付くようになりました。



ピアノの演奏家に限らず、

演奏家の皆さんはご自身たちが特殊アスリートで、

3分や5分の間にどれだけ指や腕を酷使しているのか、

考えてみてほしいし、

長い楽曲をまるまる暗記するということが、

どれほど異常(普通の人にはなかなかできない)のか、

自分たちが「表現する特殊系アスリート」であることを

まずは理解してほしいなぁと素朴に思っています。

アスリートなんだから、ケアをしたり、

どうやったらうまく行くのか、

最近の現代的医学なり体育学なりを使って、

きちんと勉強してほしいし、

その結果として音楽家として生き延びてほしいと思っています。



ところが、現実はどうやらクラシック(古典)なままで、

病態を表したりする表現がきちんと存在せず、

あっても、上記のように「ふんわり」したもので、

しかも、その表現型は数種類で、

腕の重さとは違うトラブルをかかえていても、

本人はそれが原因だと思い込んでいる方もいました。



さて、「力み過ぎ」はいろんな楽器で遭遇するトラブルです。

客観的にみる、脱力の魅力は省エネです。

無駄に力を使わないから、長持ちできます。

筋肉を締めていないために、血行が良く、

回復のチャンスが得られるためとも考えられています。

分かりやすいのは、

緊張して呼吸を止めるか、浅くしていれば、

(演奏もできますし生きていますが)