Inner & Intrinsic Muscles——筋による関節の安定化,姿勢調整機能を探る

更新日:1月26日

理学療法ジャーナルより、いい記事をシェアします。

きっと知識を整理し、

ブラッシュアップに役立つものでしょう。


出典はこちら。

https://www.igaku-shoin.co.jp/journal/detail/39656#tab2

毎月出版されるリハビリの雑誌です。

私が学生の時にもよくお世話になりました。


さて、目次も拝借すると、

①部深層筋の姿勢調整機能とエクササイズの効果 谷田惣亮

②側翼突筋の担う咀嚼力の調整と関節安定化機能 古泉貴章

③球における回旋筋腱板トレーニング 岡田匡史

④内在筋と投球障害――ボールリリース時の手の機能から内側型野球肘障害を考える 栗田 健

⑤盤底筋と姿勢,股関節との関係 槌野正裕

⑥部多裂筋に対する評価とmotor control training 隈元庸夫

⑦横筋は胸腰筋膜と連動して働き,骨盤底筋群・横隔膜とともに作用することで効果を発揮する 村上幸士

⑧隔膜の姿勢調整機能についての検討 立石貴之

⑨歩行と走行に着目した腸腰筋の役割 治郎丸卓三

⑩足内在筋のはたらきと姿勢との関係 大竹祐子


①は概論ですね

②は噛み締めがある人には参考になるでしょう。

③④音楽家やバレエの人にはあまりご縁がありません。

⑤これは、一昔前の流行りの「骨盤底」です。

⑥は脊柱起立筋の筋トレ

⑦⑧は体幹筋のコアと呼ばれるゾーンの連結

⑨これは使えないかも

⑩これはバレエの人には使えるかも


お住まいの地域に医療書が置いてあるコーナーがあると、素敵です。

私は池袋のじゅんくどうさんに時々行きます。

数時間お邪魔して、読書します。

雑誌は比較的最近のアイディア、

本は必ず出版年月日のチェックします。

本は古典でいい本で売れているから置いてある場合と、

ウッカリ買ってくれそう、売れそうなものと置いてあります。

ですから、ねらい目は、

雑誌と古典です。教科書エリアは行きません。

解剖学講座の超基礎レベルや

整形外科系を始めて勉強するにはそこもお勧めです。

後はスポーツ整形のコーナーもいいです。

「誤用」「過用」障害の理解の基礎は

そちらの方が分かりやすいです。

リハビリのプロセスがのっているものがお勧めです。


いい週末をお過ごしください;)





閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示