疲労回復の新しいアイディアご紹介


ターザンという筋トレ・マッチョ雑誌からのもので、

筋回復促進のために、ゴムバンドを撒こうというものです。

https://tarzanweb.jp/post-259318?heading=1



夏に練習量が増えるときに、ケアをきちんとできると素敵だと思います。

そういうケアのアイディアの一つです。

こちらはエビデンスがいまいちですが、

実感としては、「わからなくもない」という感じです。

ポイントは「圧迫の加減」になると思うのですが、

筋肉のその時その時の「硬さ」や「短さ(長さ?)」次第になると思います。

筋肉は疲れてくると、俗にいう、

硬くなりますし、そのせいで短めになることが多いのです。

必要な圧迫を「硬さ」をベースで説明するのは難しいので、

長さをメインにお話をしてみます。


圧迫は実は筋繊維ストレッチの側面があり、

圧迫した分だけ、筋肉が「たわむ」はずなので、

ストレッチになるよねというものです。

バントを撒くときはストレッチかけたい部分をきちんと意識して、

静脈やリンパなど血流を切らないように気をつけながら

巻きつけていくといいかと思います。



いきなり専用のゴムを買うと高い気もするので、

私は、おススメはリストバンドや靴下などで、

少し小さいサイズのものを買って撒いてみてください。

柔らかい包帯などでもいいかと思います。

他にも、和服を着る方が、時々ゴムバンドを持っていて、

それもお勧めです。


たぶん、このケア方法、

どの程度、どういう風に撒けばいいのかという知見をためるまで

時間がかかると思うので、

確立されるまで時間がかかると思いますが、

結構いいアイディアだと思います。

ぜひお試しくださいませ。






閲覧数:29回0件のコメント