疲労回復の新しいアイディアご紹介


ターザンという筋トレ・マッチョ雑誌からのもので、

筋回復促進のために、ゴムバンドを撒こうというものです。

https://tarzanweb.jp/post-259318?heading=1



夏に練習量が増えるときに、ケアをきちんとできると素敵だと思います。

そういうケアのアイディアの一つです。

こちらはエビデンスがいまいちですが、

実感としては、「わからなくもない」という感じです。

ポイントは「圧迫の加減」になると思うのですが、

筋肉のその時その時の「硬さ」や「短さ(長さ?)」次第になると思います。

筋肉は疲れてくると、俗にいう、

硬くなりますし、そのせいで短めになることが多いのです。

必要な圧迫を「硬さ」をベースで説明するのは難しいので、

長さをメインにお話をしてみます。


圧迫は実は筋繊維ストレッチの側面があり、

圧迫した分だけ、筋肉が「たわむ」はずなので、

ストレッチになるよねというものです。

バントを撒くときはストレッチかけたい部分をきちんと意識して、

静脈やリンパなど血流を切らないように気をつけながら

巻きつけていくといいかと思います。



いきなり専用のゴムを買うと高い気もするので、

私は、おススメはリストバンドや靴下などで、

少し小さいサイズのものを買って撒いてみてください。

柔らかい包帯などでもいいかと思います。

他にも、和服を着る方が、時々ゴムバンドを持っていて、

それもお勧めです。


たぶん、このケア方法、

どの程度、どういう風に撒けばいいのかという知見をためるまで

時間がかかると思うので、

確立されるまで時間がかかると思いますが、

結構いいアイディアだと思います。

ぜひお試しくださいませ。






閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先